プロフィール第二章 中学生~高校生

スポンサーリンク

プロフィール第一章はこちら

 

 

中学校に入学し野球部に入った私は、

毎日野球をする生活になりました。

 

朝練はありませんでしたが、

校庭にナイター設備がある中学校でしたので、

夜遅くまで練習する日々を過ごしました。

 

野球部に入部した同級生は20名ほど。

 

このメンバーなら、スタメン取れるな~と思ってました。

思ってました…。

最初はそう思ってたんです…。

が、ほとんどベンチで過ごしました(笑)

 

今考えてみると、かなり練習をさぼってましたね。

筋トレなんて大嫌い、自主練もほとんど行わず、

センスだけで野球してました。

(そのセンスも微妙ですが…)

 

でもバントはチーム1の技術を持ち、足も速い方だったので、

主に代打(バント要員)として出場することが多かったです。

 

 

そんな中学時代にも記憶に残るプレーがあります。

1つ上の先輩の練習試合での出来事です。

 

その試合で私は、ボールボーイをしていました。

相手はヤンキーが多くて有名な中学校で、

野球部にもそんな奴らが結構いました。

 

で、試合が始まり相手チームの攻撃。

相手チームのバッターは完全にヤンキー(笑)

力だけは凄そうです。

 

そのバッターが打った打球はかなりのスピードで三遊間を抜き、

レフト前に転がります。

打ったバッターはダルそうに1塁にゆっくり走っていました。

 

それを見たレフトの先輩は、

目の覚めるような送球を1塁に送ります。

 

その結果、レフトゴロでアウト…。

 

敵も味方もこのプレーには驚きました。

ライトゴロでアウトになるのはありえますが、

レフトゴロって(笑)

 

今思い出しても衝撃的なプレーでした。

 

そんな基本守備位置ベンチの私は、

けが人が出た時ぐらいしかスタメン出場することがなく、

そのまま中学校を卒業します。

 

そして市内の公立高校に進学しました。

その高校には硬式野球部と軟式野球部がありましたが、

私は軟式野球部を選びました。

 

理由は、

軟式野球部のほうがスタメンになれそうだったから

です(笑)

 

入部して数カ月たったある日、普通に練習をこなし、

先輩たちとも仲良くなってきた頃に事件が起きました。

 

練習を終えて自転車で帰る途中に大転倒しました…。

自転車で前方に1回転してしまい、

痛いな~と思って利き腕の右手を見ると、

手首から先が血まみれ…。

その後病院に行き治療してもらいましたが、

全治1か月の重傷です。

 

とりあえず部活を休んで治療に専念しました。

 

そんな怪我が完治し、やっと練習に復帰した数日後、

さらに追い打ちをかける事件が。

 

練習後、私も含め数名の部員が集められました。

そして監督の先生から、驚きの発言がありました。

 

「君たちはこのまま続けても絶対試合で使わない!」

「今日で部活を辞めてもらって構わないから!!」

 

正直、唖然としました…。

頑張ろうと思っていた矢先に、こんなこと言われるなんて。

集められたメンバーは、休みが多い部員たちでした。

でも私は怪我をしてたし、監督にもそれを伝えてました。

 

スタメンを目指していた私は、

これで心の中の糸が切れてしまいました…。

弁解する気にもなりませんでした。

 

 

もう、現役引退です(涙)

 

 

つづく(最終章へ)

 

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村