甲子園を目指すには中学校では硬式?軟式?どちらがいいの?

スポンサーリンク

ヒデです。
先日友人から、
「小学校から野球をしていた息子が中学生になるが、硬式と軟式のどちらがいいの?」
という相談を受けました。

同じように、中学校に入学するお子さんをお持ちの方は、結構悩むのではないかと思います。

 

そこで今回は、甲子園出場選手の中学野球についてまとめてみました。

 

 

第90回記念選抜高校野球大会のベンチ入りメンバー全648人(36校×18人)の中学時代の所属チームは、
 硬式野球 399人
 軟式野球 249人
で、硬式出身者の割合は61.6%でした。

ちなみに2008年の第80回大会に比べて約10%ほど増えています。

 

これだけ見ると、硬式野球出身のほうが甲子園に出場しやすいのかと思いますが、違ったデータもあります。

 

プロ野球 中学野球の出身内訳(2011年)
投手 350人
 硬式野球140人
 軟式野球207人
 準硬式3人

 

これを見ると、甲子園の先を見据えた場合、軟式のほうがいいのかなという考えにもなります。

 

ちなみに私は、小学校、中学校、高校と軟式野球をしていました。
(詳しくはプロフィールで)

 

ん~、これでは判断が難しいですね(笑)

 

それでは硬式野球、軟式野球のメリット&デメリットを整理します。

 

 

硬式野球(主にシニアやボーイズ)
【メリット】
 ・自分に合うチームを選択できる。
 ・高いレベルの野球を経験できる。
 ・高校と同じ硬式球に早くから慣れている。
 ・指導者が野球に精通している。
【デメリット】
 ・費用が掛かる。(月謝や道具代、遠征費など)
 ・地域によっては近くにチームがない。
 ・フィジカル面に依存することがある。
 ・怪我をする可能性が高い。

 

軟式野球(主に部活)
【メリット】
 ・費用が安い。(基本的に道具は学校が準備する)
 ・中学校の校庭での活動がほとんど。
 ・怪我する可能性が低い。
 ・活動時間が多い。(人によってはデメリット?)
【デメリット】
 ・指導者が野球未経験者の場合がある。
 ・選手のレベルに差がある。
 ・高校で球の違いに戸惑う。
 ・野球の実力で学校内での上下関係が生まれることがある。

 

その他、一般的には硬式野球は「攻撃重視」、軟式野球は「守備重視」と言われています。

 

これらの条件から、私は野球の質費用を重視して次のようにお勧めします。

 

①.強豪校で本気で甲子園を目指す
   →『硬式野球』の一択!

 

②.小学生から野球をしていて上手い&費用面で親がサポートできる
   →『硬式野球

 

③.小学生から野球をしていて上手い&費用面で親がサポートできない
   →『軟式野球

 

④.小学生から野球をしているが普通以下
   →『軟式野球

 

⑤.中学生から野球を始める
   →『軟式野球

 

基本的にはこのように考えていますが、将来性や本気度によって変わるかと思います。
また、軟式野球が劣っているということではなく、硬式野球のほうが成長できる可能性が高いと思っています。

 

次回は中学生の硬式野球、軟式野球を少し掘り下げていきます。

 

 

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村