2018年高校野球春季四国大会 試合日程・結果

スポンサーリンク

2018年 その他大会

 

どうも、ヒデです。
今回は、2018年高校野球春季四国大会試合日程および試合結果についてまとめてみました。

 

 

 

四国大会詳細

日程:5月3日~5月5日までの3日間

開催地:高知県

球場:高知県立春野運動砲煙野球場ほか

 

 

 

出場校

香川
 ・大手前高松(香川1位)
 ・英明(香川2位)

 

徳島
 ・鳴門(徳島1位)
 ・小松島(徳島2位)

 

高知
 ・明徳義塾(高知1位)
 ・高知商(高知2位)

 

愛媛
 ・聖カタリナ(愛媛1位)
 ・松山聖陵(愛媛2位)

 

 

 

試合結果

【5月3日 1回戦】

聖カタリナ 5 - 4 英明

大手前高松 7 - 0 小松島 (7回コールド)

鳴門 8 - 0 高知商 (7回コールド)

明徳義塾 11 - 4 松山聖陵 (7回コールド)

 

【5月4日 準決勝】

聖カタリナ 9 - 8 鳴門

大手前高松 6 - 4 明徳義塾

 

【5月5日 決勝】

大手前高松 13 - 9 聖カタリナ

 

 

 

まとめ

春季九州大会では、大手前高松優勝しました。

惜しくも敗れましたが、準優勝聖カタリナでした。

この2チームとも、甲子園未出場のチームです。

どのようなチームか、少し調べてみました。

 

大手前高松高等学校

香川県高松市にある私立高校。

昭和32年、大手前丸亀の高松分校として開校。

中高一貫教育と高校から入学する3年制の二つの体制を柱に、大学への進学を前提とした県内でもトップレベルの進学校。

野球部は、平成15年から軟式野球部として活動していたが、平成22年4月より硬式の部に加盟し、硬式野球部として活動を始める。

 

聖カタリナ学園高等学校

愛媛県松山市にある私立高校。

対象14年、松山美善女学校として開校。

その後、昭和43年に聖カタリナ女子高等学校と改称。

平成28年4月より男女共学スタートし、それと同時に野球部も創部。

 

というように、両チームとも硬式野球部としては創部10年未満の新しいチームです。

特に聖カタリナは、今大会準優勝したメンバーが1期生になります。

両チームとも準決勝では甲子園常連の名門校を破り、決勝に進出しました。

その決勝戦ですが、両チーム合わせて33安打の打撃戦になりました。

序盤から中盤にかけて得点を奪い、試合を優位に進めた大手前高松が優勝しましたが、聖カタリナの追い上げも見事でした。

 

四国には準決勝で敗れた鳴門や明徳義塾、それ以外にも今年のセンバツ出場校や県予選で敗れた名門校がたくさんあります。

そこに今回優勝した大手前高松や準優勝の聖カタリナなどの新しいチームが加わることで、四国の高校野球はさらに活性化されるでしょう。

 

夏に向けて、各チームの仕上がりが楽しみですね。

 

 

いつもありがとうございます!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村