2018年高校野球春季関東大会 試合日程・結果

スポンサーリンク

2018年 その他大会

 

どうも、ヒデです!

今回は、2018年高校野球春季関東大会の試合日程および試合結果についてまとめてみました。

 

 

関東大会詳細

日程:5月19日~5月23日までの5日間

開催地:千葉県

球場:千葉県野球場ほか

 

 

出場校

茨城

 ・常総学院(茨城1位)

 ・明秀日立(茨城2位)

栃木

 ・作新学院(栃木1位)

 ・青藍泰斗(栃木2位)

群馬

 ・健大高崎(群馬1位)

 ・関東学園大付(群馬2位)

埼玉

 ・浦和学院(埼玉1位)

 ・花咲徳栄(埼玉2位)

千葉

 ・木更津総合(千葉1位)

 ・習志野(千葉2位)

 ・専大松戸(千葉3位)

 ・千葉黎明(千葉4位)

東京

 ・日大三(東京1位)

 ・国士舘(東京2位)

神奈川

 ・横浜(神奈川1位)

 ・桐光学園(神奈川2位)

 ・東海大相模(推薦)

山梨

 ・山梨学院(山梨1位)

 ・東海大甲府(山梨2位)

 

 

試合結果

【5月19日 1回戦】

花咲徳栄 14 - 9 専大松戸

千葉黎明 4 - 3 青藍泰斗

日大三 5 - 3 桐光学園 (延長10回)

 

【5月20日 2回戦】

木更津総合 10 - 2 国士舘 (7回コールド)

横浜 6 - 1 明秀日立

浦和学院 5 - 2 千葉黎明

東海大相模 8 - 7 花咲徳栄

習志野 7 - 2 作新学院

日大三 8 - 5 山梨学院

常総学院 7 - 2 関東学園大付

健大高崎 8 - 2 東海大甲府

 

【5月21日 準々決勝】

常総学院 7 - 3 東海大相模

日大三 9 - 2 習志野 (7回コールド)

木更津総合 13 - 5 横浜 (7回コールド)

健大高崎 7 - 6 浦和学院

 

【5月22日 準決勝】

日大三 9 - 8 常総学院

健大高崎 9 - 8 木更津総合

 

【5月23日 決勝】

健大高崎 15 - 10 日大三

 

 

まとめ

春季関東大会では、健大高崎優勝しました。

そして準優勝日大三でした。

 

優勝した健大高崎ですが、私としては機動力のチームという印象が強いです。

『機動破壊』というスローガンが有名ですよね。

しかし今年のメンバーは強打者ぞろい。

決勝のスタメン野手8人の高校通算本塁打数は231本!!

今秋ドラフト候補の山下航汰外野手(3年)が高校通算71号となる2ランを放つなど、3発を含む20安打15得点。

(この15得点は春季関東大会決勝の最多得点)

 

惜しくも優勝に届かなかった日大三は、決勝戦が5日連続での試合。

健大高崎も4連戦でしたが、投手にとっては非常に厳しい連戦になったと思います。

 

その連戦が影響してか、後半に進むにつれて得点が増えてきました。

ちなみに集計すると、

 5月19日(1回戦)  6.3点/チーム

 5月20日(2回戦)  5.1点/チーム

 5月21日(準々決勝) 6.5点/チーム

 5月22日(準決勝)  8.5点/チーム

 5月23日(決勝)  12.5点/チーム

という結果に。

 

打撃のチームが勝ち残ったという見方もできますが、疲労により投手が抑えきれなかったというのが私の印象です。

 

この連戦で投手が故障してなければいのですが…。

 

あと、私が期待していた横浜

県大会を圧倒的な強さで勝ち進んできましたが、準々決勝で敗退

前日の疲れがあったのか、板川投手が初回から打ちこまれました。

中盤で追い上げますが、7回に大量失点しコールド負け

この敗戦を糧に、夏に向けて頑張ってほしいですね。

 

関東地区にはこの大会に出場できなかった強豪校がたくさんあります。

健大高崎そして日大三も、夏の大会予選では苦戦するかもしれません。

 

夏に向けて更なるレベルアップに期待したいです!!

 

 

いつもありがとうございます!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村