2018年高校野球春季北海道大会 試合日程・結果

スポンサーリンク

2018年 その他大会

スポンサーリンク

 

どうも、ヒデです!

今回は、2018年高校野球春季北海道大会の試合日程および試合結果についてまとめてみました。

 

 

北海道大会詳細

日程:5月28日~6月3日までの7日間

開催地:北海道

球場:札幌市円山球場

出場数:16校

 

 

出場校

函館地区
 ・函館大有斗

室蘭地区
 ・大谷室蘭
 ・室蘭清水丘

札幌地区
 ・北海
 ・札幌第一
 ・札幌日大
 ・国際情報

小樽地区
 ・北照

空知地区
 ・クラーク国際

旭川地区
 ・富良野
 ・旭川実

名寄地区
 ・士別翔雲

北見地区
 ・遠軽

十勝地区
 ・白樺学園

釧根地区
 ・釧路明輝

推薦枠
 ・駒大苫小牧

 

 

試合結果

【5月28日 1回戦】
札幌日大 9 - 6 富良野

北海 11 - 0 釧路明輝 (5回コールド)

北照 10 - 0 室蘭清水丘 (5回コールド)

 

【5月29日 1回戦】
クラーク国際 5 - 3 駒大苫小牧

旭川実 11 - 2 国際情報 (7回コールド)

札幌第一 12 - 8 白樺学園

 

【5月30日 1回戦】
士別翔雲 11 - 1 遠軽 (5回コールド)

大谷室蘭 3 - 2 函館大有斗

 

【5月30日 2回戦】
札幌日大 9 - 1 北海 (7回コールド)

 

【5月31日 2回戦】
北照 2 - 0 クラーク国際

札幌第一 10 - 8 旭川実

大谷室蘭 6 - 3 士別翔雲

 

【6月2日 準決勝】
札幌日大 6 - 5 北照

札幌第一 4 - 2 大谷室蘭

 

【6月3日 決勝】
札幌第一 11 - 0 札幌日大

 

 

まとめ

春季北海道大会は、札幌第一優勝しました。

そして準優勝札幌日大でした。

 

この決勝は札幌地区同士の対戦となりました。

初回に札幌第一が先制し、その後も効率よく追加点を奪い、11安打11得点で札幌日大を圧倒

投げては近藤投手と向井投手のリレーで強打の札幌日大を完封!!

札幌第一は28年ぶり2回目の優勝です。

 

北海道と言えば、北海や駒大苫小牧が甲子園の常連ですが、優勝した札幌第一は夏3回、春2回甲子園に出場しています。

2009年の夏には1回戦を突破し、甲子園初勝利をあげました。

 

今年の札幌第一は、打撃のチームです。

地区予選からの7戦で、87安打65得点

(1試合平均12安打!)

その強力打線の中心は、主将の柴田颯選手

彼は中学校時代は小樽リトルシニアに所属し、2015年のジャイアンツカップで準優勝しています!

その活躍からU-15の日本代表にも選ばれました。

決勝でも柴田選手は5打数3安打5打点と大活躍。

 

力を発揮した札幌第一ですが、昨年の秋季大会では立命館慶祥に地区代表決定戦で敗れてます。

スコアは5-13大敗…。

この悔しさがあったからこそ、春季大会での優勝につながったと思います。

 

夏に向けて、さらに磨きのかかった強力打線を見せてほしいですね!!

 

いつもありがとうございます!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

スポンサーリンク