侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手紹介(2)

スポンサーリンク

高校野球情報

スポンサーリンク

 

どうも、ヒデです!

今回は、侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手紹介の第2弾です。

 

 

井上 広輝(投手)

名前:井上 広輝(いのうえ ひろき)

高校:日大三

学年:2年

180センチ74キロ、右投げ右打ち。

最速147キロのストレートとスライダー、チェンジアップが武器。

春のセンバツでは、1回戦は中継ぎ、2回戦は先発として登板した。

残念ながら三重に敗れたが、スカウト陣からの評価は高い。

制球にバラつきがあるのが課題だが、それが克服できれば来年のドラフトでの上位指名もあり得る。

2学年上の兄、井上大成も同校出身の内野手で、昨夏のU18高校日本代表。

 

 

板川 佳矢(投手)

名前:板川 佳矢(いたがわ よしや)

高校:横浜

学年:3年

173センチ69キロ、左投げ左打ち。

ストレートは135キロだが、球速以上に伸びがありカーブ、スライダーも武器。

この板川投手は、中学入学までサッカー少年だった。

たまたま友人と公園でキャッチボールをしている時、たまたま友人を知っている指導者が通りがかり

「いい球を投げるな。ウチでやらないか」

と勧誘され、仲の良かった先輩が地元の中学校の野球部だったため、サッカーは辞めて

「なんとなく流れで」

野球部に入った。

中学3年から投手になり、横浜高校からの誘いを受け入学。

1年の秋からはエースとして活躍している。

 

 

及川 雅貴(投手)

名前:及川 雅貴(およかわ まさき)

高校:横浜

学年:2年

183センチ74キロ、左投げ左打ち。

最速152キロのストレートとカーブ、スライダー、チェンジアップを投げる。

試合を視察した西武渡辺SDは

「及川くんは今年の3年生を含めた中でも一番いい。」

「体がもっとできてくれば菊池雄星クラスになれる。」

と大絶賛。

来年のドラフトの目玉となる世代No1投手

中学3年時にはU15日本代表にも選出され、エースとして活躍した。

 

 

第2弾はここまで。

次回も選手紹介をします。

 

スポンサーリンク