侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手紹介(3)

スポンサーリンク

高校野球情報

 

どうも、ヒデです!

今回は、侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手紹介の第3弾です。

 

 

直江 大輔(投手)

名前:直江 大輔(なおえ だいすけ)

高校:松商学園

学年:3年

184センチ76キロ、右投げ右打ち。

最速144キロのストレートとスライダー、チェンジアップを投げる大型投手

キレイな投球フォームから投げるストレートは、体の使い方によっては今後140キロ後半が期待できる。

父も春夏計3回、松商学園のエースとして甲子園に出場。

 

 

奥川 恭伸(投手)

名前:奥川 恭伸(おくがわ やすのぶ)

高校:星稜

学年:2年

182センチ80キロ、右投げ右打ち。

最速146キロのストレートとスライダー、ツーシーム、チェンジアップが武器。

コントロールが良く、奪三振率も高い

気持ちも強く、センバツではマウンドを降りる先輩右腕から、

「ゴメン。頑張ってくれ」

と声を掛けられ闘争心に火が付き、全て直球で2者連続三振に抑える。

その裏の攻撃で、打席に向かう降板した先輩に対し、

「自分の失点は自分で取り返して下さい」

と言い放った。(監督からの指示だったと後で判明)

山瀬捕手とは小学校4年からバッテリーを組んでいる。

中学校3年時には、全国中学校軟式野球大会に出場し、初優勝を果たした。

横浜の及川投手とならび、来年のドラフトの目玉と言われている。

 

 

岡林 勇希(投手)

名前:岡林 勇希(おかばやし ゆうき)

高校:菰野

学年:2年

176センチ71キロ、右投げ左打ち。

最速148キロのストレートとスライダー、カーブが武器。

実績は少ないが、将来に期待できる投手。

兄の岡林飛翔は、プロ野球広島の育成登録選手。

 

 

第3弾はここまで。

次回も選手紹介をします。