侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手紹介(5)

スポンサーリンク

高校野球情報

 

どうも、ヒデです!

今回は、侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手紹介の第5弾です。

 

 

市川 悠太(投手)

名前:市川 悠太(いちかわ ゆうた)

高校:明徳義塾

学年:3年

184センチ75キロ、右投げ右打ち。

最速146キロのストレートとスライダー、チェンジアップ、ツーシームなど変化球も多彩なサイドスロー投手。

2年秋の明治神宮大会で明徳義塾は優勝したが、この市川投手は高知大会、四国大会、そして明治神宮大会を一人で投げ抜いた。

元々はスリークォーターだったが、制球難から2年春にサイドスローに転向。

その結果、制球難を克服するとともに球威も増した。

県外出身者の多い明徳義塾において、少ない高知県出身者でもある。

明徳義塾を選んだ理由は、

「(明徳義塾は)県外の出身選手が多いと言われる。高知県出身の自分がエースになれば文句は出ないだろう、と」

と話している。

線は細いが、これからの成長次第ではサイドスローでの150キロに期待できる投手。

 

 

川原 陸(投手)

名前:川原 陸(かわはら りく)

高校:創成館

学年:3年

184センチ78キロ、左投げ左打ち。

最速141キロのストレートとスライダー、チェンジアップが武器。

2年秋の明治神宮大会では明徳義塾に敗れ、準優勝投手。

しなやかできれいな投球フォームから放たれる速球で、明治神宮大会では大阪桐蔭を見事に抑えた。

中学時代は長崎北シニアでプレーし、中学3年時にはリトルシニアの日本代表にも選出。

創成館入学後は、好きな打撃に集中したいという理由から、外野手に転向した。

しかしコーチの指示により、再度投手として甲子園を目指すことになる。

センバツではベスト8、春季九州大会もベスト8という成績を収めたが、さらに上を目指すためには球速アップが必要か。

恵まれた体を活かすことで、憧れの西武の菊池雄星投手を超える投手になるよう期待している。

 

 

今回までが、投手14名の紹介になります。

次回からは捕手の紹介をしていきますのでご期待ください!