侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手紹介(8)

スポンサーリンク

高校野球情報

 

どうも、ヒデです!

侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手紹介の第8弾として、今回も内野手を紹介していきます。

 

 

小松 勇輝(内野手)

名前:小松 勇輝(こまつ ゆうき)

高校:東海大相模

学年:3年

172センチ65キロ、右投げ左打ち。

東海大相模のキャプテン

強豪校で1年生の春からショートのレギュラーをつかんだ。

1番打者だが、先頭打者ホームランを放つなどパンチ力もある。

小柄だが走攻守の3拍子が揃った、全国トップクラスの選手。

特に守備力には定評があり、世代No1の守備力と言われるほど。

本人は、

「あまり守備は得意な方ではない」

と控えめだが、ソフトバンク・今宮や西武・源田を参考に堅守を心掛けているとのこと。

中学3年生のときには日本代表に選出され、世界大会にも出場している。

プロのスカウトからの評価はまだ聞こえてこないが、高い守備力はプロでも通用する。

 

 

 

林 晃汰(内野手)

名前:林 晃汰(はやし こうた)

高校:智辯和歌山

学年:3年

180センチ86キロ、右投げ左打ち。

3番打者でサードを守り、強打強肩が自慢の選手。

智辯和歌山の高嶋仁監督が、

「長打力は(智弁和歌山の)歴代でも1、2位」

と大きな期待を寄せている。

中学時代までは捕手として注目されていたが、智辯和歌山に入学してから三塁手にコンバートされた。

その結果、打撃に集中することができ、打撃力も向上した。

1年春からベンチ入りし、その後スタメンに定着。

2年夏に右ひじを疲労骨折したが、今は完全に復活した。

プロのスタメンからは、

「近い将来、プロのクリーンアップを打てる。」

「スイングが速い。(高校)日本代表の4番になれる。」

「ドラフト上位候補。」

というように絶賛されている。

日本ハム・中田翔やDeNA・筒香と比較されることもあり、将来が楽しみな選手。

今年のドラフトでは上位指名されることが有力視されている。

今年の夏の甲子園では「打倒 大阪桐蔭」を目標に、優勝を目指す。

 

 

今回も内野手2名を紹介しました。

次回も内野手の紹介です。

 

 

いつもありがとうございます!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村