侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手紹介(9)

スポンサーリンク

高校野球情報

 

どうも、ヒデです!

侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手紹介の第9弾として、今回も内野手を紹介していきます。

 

 

太田 椋(内野手)

名前:太田 椋(おおた りょう)

高校:天理

学年:3年

181センチ75キロ、右投げ右打ち。

名門・天理のキャプテンで守備位置はショート。

中学時代は羽曳野ボーイズに所属し、3年生の時にはジャイアンツカップで全国優勝を果たした。

また、日本代表にも選出され、アジアチャレンジマッチに出場。

天理入学後は、1年生の夏からレギュラーとして試合に出場している。

主に3番打者を務め、豪快なバッティングでチームを勝利に導く。

大阪桐蔭・根尾や、報徳学園・小園など、ショートにはプロ注目の選手が多いが、この太田もスカウトからの注目度は高い。

父親は近鉄の元プロ野球選手で、現在はオリックスで打撃投手を務めている。

 

 

中川 卓也(内野手)

名前:中川 卓也(なかがわ たくや)

高校:大阪桐蔭

学年:3年

175センチ78キロ、右投げ左打ち。

大阪桐蔭のキャプテンで守備位置はサード。

中学時代は名門・大阪福島リトルシニアに所属。

キャプテンも務め、セカンド兼ピッチャーとして全国ベスト8

大阪桐蔭入学後はファースト、サードを守っている。

昨年の夏の甲子園、仙台育英戦で自分のミスからの敗戦という悔しさを味わう。

その悔しさをバネに1まわりも2まわりも成長し、

春のセンバツでは打率.409という成績を残した。

 

そして中川選手といえば、この特徴的なルーティンも人気です!!

プロのスカウトからの注目度も高く、甲子園での活躍が期待されます。

 

 

今回も内野手2名を紹介しました。

次回も内野手の紹介が続きます。

 

 

いつもありがとうございます!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村