侍ジャパンU-18代表 第1次候補選手紹介(10)

スポンサーリンク

高校野球情報

 

どうも、ヒデです!

侍ジャパンU-18代表の第1次候補選手紹介の第10弾として、今回も内野手を紹介していきます。

 

 

根尾 昂(内野手)

名前:根尾 昂(ねお あきら)

高校:大阪桐蔭

学年:3年

177センチ78キロ、右投げ左打ち。

高校生ナンバー1ショートといわれている。

春のセンバツでの活躍は皆さんも記憶に残っているのではないでしょうか。

外野も守れて、投手としては最速148キロをたたき出す高校生離れした選手。

もちろん打撃力もあり、センバツでは打率.500を記録。

そんなスーパー高校生は、もうすでに数々の伝説を作ってきている。

 

【小学生時代】

 ・ストレートの球速はすでに128キロ

 ・100m走で全国5位

 ・ソフトボール投げで歴代1位の88m92cmを記録

 ・スキーの岐阜大会で優勝し、全国大会出場

 

【中学生時代】

 ・ストレートの球速は146キロ!

 ・NOMOジャパンに選出されアメリカ遠征に参加

 ・全国中学スキー大会 スラロームで優勝

 ・学校の成績はオール5!!

 ・高校進学時には全国約30校から勧誘を受けた

 

夏の甲子園での活躍、そしてその後の成長が大いに期待できる選手である。

 

 

山田 健太(内野手)

名前:山田 健太(やまだ けんた)

高校:大阪桐蔭

学年:3年

183センチ83キロ、右投げ右打ち。

大阪桐蔭のセカンドを守り、前述の根尾と鉄壁の二遊間を作り出す。

1年で4番を任されたこともあり、打撃センスも抜群。

長打力もあり、春のセンバツではホームランも放った。

愛知県稲沢市出身で、中学時代は東海ボーイズに所属していた。

U-15侍ジャパンのメンバーにも選出され、世界大会で見事優勝

長身でイケメン、大阪桐蔭で一番モテるとのうわさも。

 

 

今回も内野手2名を紹介しました。

次回も内野手の紹介が続きます。

 

 

いつもありがとうございます!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村