【第100回夏の甲子園・予選】波乱まとめ(2018/07/14時点)

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

どうも、ヒデです。

前回の記事で第100回全国高校野球選手権大会の北九州大会で起きた波乱について記事にしましたが、他の地区でも波乱が起きています。

 

 

栃木大会

春のセンバツでベスト16国学院栃木が、栃木大会2回戦で敗退する波乱が起きた。

 

国学院栃木 000 000 100 |1
宇都宮工  000 020 00× |2

 

甲子園出場経験のある古豪・宇都宮工に対し、国学院栃木は初回から安打や盗塁でランナーを三塁に進めるなど優位に試合を展開していくが、なかなか得点を奪えない。

5回、2番手として登板した渡辺が宇都宮工に3連打を浴びて先制点を許し、さらに2死二塁からタイムリーを打たれ、この回2失点。

その後、国学院栃木は7回1死一塁から三塁打で1点を奪うが、その後は抑えられる。

結局最後まで宇都宮工の2年生エース小林を攻略することができず、1点差で競り負けた

 

国学院栃木・柄目監督は、

ここで負けるチームをつくっていないので…。

相手投手の力が上だった。

継投は失敗ではない。

向こうの打撃の力とモチベーションが上回った。

と肩を落とした。

国学院栃木は牽制死や盗塁失敗などがあり、波に乗れなかったのが最後まで響いた。

 

 

三重大会

春のセンバツでベスト4入りした三重が、三重大会の初戦で姿を消した。

 

松坂商 120 000 002 |5
三重  002 000 000 |2

 

三重は、エースの定本が立ち上がりから制球に苦しみ、初回無死一、三塁から併殺打の間に1失点した。

2回にも連続タイムリーで2失点。

3回に2点を返したが、9回には追い打ちとなる2失点を喫した。

そのまま試合は終了し、2-5で敗れた

春のセンバツでは攻撃的な「イケイケ野球」で勝ち進み、大阪桐蔭を延長戦まで苦しめた三重だったが、10安打2得点と松坂商のエース渡辺に抑えられた。

 

三重のキャプテンでエースの定本は、2イニングも持たずに降板となった。

試合後には、

悔しい。

単純な力不足、準備不足です。

選抜4強の後、チームが燃え尽きてしまった。

初戦敗退でまた厳しい言葉をかけられると思う。

でもこの悔しさを力に変えて、見返したい。

と話した。

 

小島監督は、

これが実力。

選手の良さを引き出せなかった僕の責任。

と悔しさをにじませていた。

 

三重には侍ジャパンUー18代表第1次候補に選出された捕手のと外野手の梶田がいるが、夏の甲子園での活躍を見ることができないのは残念。

 

三重に勝利した松阪商は、春季大会地区予選でも三重に勝利していた。

 

 

この他にも甲子園常連校が敗退というニュースが聞こえてきました。

次回もそれについて書いていきます。

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク