【第100回夏の甲子園・予選】侍ジャパン候補選手、自己最速更新(金足農・吉田、大船渡・佐々木)

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

どうも、ヒデです!

侍ジャパンU-18代表の第1次候補に選出されている投手の自己最速更新と、敗退のニュースが入ってきました。

 

 

金足農・吉田投手

金足農の吉田投手(3年)が、2回戦の秋田北鷹戦で自己最速の150キロを記録した。

初回から自己最速タイの147キロ、そして2回には自己最速を3キロ更新する150キロをマーク。

球場の電光掲示板に「150」と球速が映し出されると、スタンドはどよめいた。

5回2死からの5連続など三振の山を築き、16奪三振で2-0と完封勝利

 

8安打2得点と快勝ではなかったが、吉田は、

自分がダメなときは助けてもらっている。

今日は自分が、という思いだった。

150キロは目標の一つだったので達成できてうれしい。

と話した。

 

試合後、中泉監督は

スピードはあまり求めていない。

(150キロは)力んだ結果だと思う。

とスピードより制球力を重視している。

 

昨年の夏は決勝で敗退しているが、今年は吉田を中心に甲子園で勝てるチームに仕上がっている。

 

 

大船渡・佐々木投手

大船渡の佐々木(2年)が、2回戦の盛岡三戦で自己最速の154キロを記録した。

大会までの最速は153キロだったが、1キロ更新し154キロをマーク。

佐々木は11奪三振2失点で完投し、11-2で快勝。

 

次の3回戦では、1番センターで先発出場したが登板することはなかった。

試合は、ボート部からの助っ人2人を含む部員11人の西和賀に、2-3と逆転負け

 

試合後佐々木は、

負けた実感が湧かない。

先輩と野球できなくなるのはすごくさみしい。

あと甲子園のチャンスは2回ある。

自分で引っ張って、甲子園に導く。

と話した。

 

今年の2年生ナンバー1投手を甲子園で見たかったですが、次回以降に期待。

そして大船渡に勝利した西和賀ですが、部員11人で大健闘です。

快進撃がどこまで続くか楽しみなチームですね。

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク