【第100回夏の甲子園・北神奈川大会】東海大相模のスーパー1年生 西川僚祐

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

第100回全国高校野球選手権大会の北神奈川大会から、楽しみなニュースが飛び込んできました。

 

 

東海大相模のスーパー1年生 西川僚祐

北神奈川大会の3回戦が行われ、優勝候補の東海大相模が大和南相手に9-0(7回コールド)で勝利しました。

そしてこの試合で4番に座ったのが西川僚祐という1年生

初回に2点を奪い、迎えた3回裏の攻撃。

ランナーを一、二塁に置き、西川に打順が回ってきた。

西川はフルカウントからの6球目を振りぬくと、打球はレフトの場外に消える特大ホームラン!!

2回戦では代打での出場(敬遠四球)だったが、今日は豪快な大会先発デビューとなった。

 

試合後にこの打席を振り返り、

チャンスだったので一本打ちたかった。

三振しないで食らいつこう。

という気持ちだったという。

 

そのホームランの映像はこちら。

見てもらえればわかると思いますが、詰まってます

それで場外まで運ぶとは、すごい力ですね。

 

 

西川僚祐の経歴

1年生ながら186センチ92キロ、右投げ右打ちの外野手。

中学時代は佐倉シニアに所属し、4番を務める。

中学3年時にはジャイアンツカップで優勝

右打者ながら東京ドームのライトポール際ホームランを打つなど、高い打撃力を見せた。

そのホームランはこちら。

Uー15侍ジャパンにも選出。

 

あの怪物・清宮を超える逸材として、中学時代から注目度は高かった。

 

 

おわりに

全国の強豪校から誘いを受けていたが、東海大相模に入学した西川。

その東海大相模はこの夏の優勝候補にも挙げられています。

西川の鮮烈な甲子園デビューを見たいですね!

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク