【第100回夏の甲子園】南北海道・北照、青森・八戸学院光星、岩手・花巻東が甲子園出場決定!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

各地区で第100回全国高校野球選手権大会の決勝が行われ、代表校が続々と決定しています。

今回は、南北海道青森岩手の結果をお伝えします。

 

 

南北海道代表は北照に!

南北海道大会の決勝が札幌円山球場で行われ、北照が駒大苫小牧に15―2と圧勝し、南北海道代表の座をつかんだ。

 

北照    001 401 630 = 15

駒大苫小牧 000 200 000 =  2

 

北照の夏の甲子園出場は、5年ぶり4回目

北照は春のセンバツ出場校の駒大苫小牧相手に17安打を放ち、15得点を奪った。

また、4番の岡崎が南北海道大会初のサイクル安打を達成。

投げては左サイドスローのエース原田が、駒大苫小牧打線を本塁打の2点に抑える好投を見せた。

 

 

青森代表は八戸学院光星に!

青森大会の決勝がはるか夢球場で行われ、八戸学院光星が6―4で聖愛を破り、青森代表となった。

 

聖愛     000 010 030 = 4

八戸学院光星 210 012 00× = 6

 

八戸学院光星の夏の甲子園出場は、2年ぶり9回目

八戸学院光星は初回に2点を先制し、2回にも1点を追加。

聖愛は5回に1点を奪うが、その裏と6回に八戸学院光星は追加点を奪い、6-1とリードを広げる。

8回に聖愛が猛攻を見せるが、リリーフした中村が3点に抑え、そのまま逃げ切った。

 

優勝した八戸学院光星は、読売ジャイアンツ・坂本勇人選手の母校。

 

 

岩手代表は花巻東に!

岩手大会の決勝が岩手県営野球場で行われ、花巻東が4―3で盛岡大付を破り、岩手代表となった。

 

花巻東  000 101 002 = 4

盛岡大付 020 000 100 = 3

 

花巻東の夏の甲子園出場は、3年ぶり9回目

先制したのは盛岡大付で、2回に2点を奪う。

花巻東は4回、6回に1点ずつ得点し、試合をふりだしに戻す。

追いつかれた盛岡大付は、7回に1点を勝ち越す。

そして9回表、花巻東の攻撃。

1死二、三塁から相手投手の暴投で同点に追いつく。

その後2死三塁となるが、田中の遊ゴロが悪送球を誘い1点を勝ち越す

9回裏は先発した伊藤が再登板し、盛岡大付の反撃を抑え勝利した。

 

敗れた盛岡大付は最終回に守備が乱れ、夏3連覇とはならなかった。

 

花巻東は、ベスト8入りした春のセンバツに続く甲子園連続出場

 

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク