【第100回夏の甲子園】秋田・金足農、北埼玉・花咲徳栄が甲子園出場決定!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

各地区で第100回全国高校野球選手権大会の決勝が行われ、代表校が続々と決定しています。

今回は、秋田北埼玉の結果をお伝えします。

 

 

秋田は金足農!

秋田大会の決勝がこまちスタジアムで行われ、金足農が明桜に2―0と完封勝利し、秋田代表の座をつかんだ。

 

明桜  000 000 000 = 0

金足農 000 100 01× = 2

 

金足農の夏の甲子園出場は、11年ぶり6回目

金足農の先発は、侍ジャパンU-18代表の第1次候補にも選ばれているエース吉田

最速147キロの直球と変化球を低めに集め、4被安打11奪三振で完封。

吉田は今大会の全5試合636球を1人で投げきった。

継投で勝ち進むチームが多いなか、この吉田は本当のエースといえるのではないか。

ここは通過点。

自分が甲子園でどこまで通用するのか試してみたい。

というエースの自己最速は150キロ。

それを超えるスピードと快投を甲子園で期待したい。

 

 

北埼玉は花咲徳栄!

北埼玉大会の決勝が県営大宮球場で行われ、花咲徳栄が上尾に4―1で勝利し、北埼玉代表の座をつかんだ。

 

上尾   100 000 000 = 1

花咲徳栄 000 120 10× = 4

 

花咲徳栄の夏の甲子園出場は、4年連続6回目

決勝戦では、侍ジャパンU-18代表の第1次候補でプロ注目の野村が好投。

初回に1点を失ったがそれ以降は立ち直り、尻上がりに調子を上げた。

古豪・上尾を5安打1失点に抑え、完投で優勝投手に。

花咲徳栄打線は、11安打を放ち4得点を奪った。

野村は7回にはタイムリーヒットを放つなど、投打に活躍

 

花咲徳栄は昨年夏の甲子園優勝校

北埼玉大会を勝ち抜き、夏の甲子園連覇に挑む。

 

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク