【第100回夏の甲子園】岐阜・大垣日大、三重・白山、鳥取・鳥取城北が甲子園出場決定!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

ヒデです。

各地区で第100回全国高校野球選手権大会の決勝が行われ、代表校が続々と決定しています。

今回は、岐阜三重鳥取の結果をお伝えします。

 

 

岐阜は大垣日大!

岐阜大会の決勝が長良川球場で行われ、大垣日大が大垣商に7―1で勝利し、岐阜代表の座をつかんだ。

 

大垣商

 001 000 000 = 1

 002 101 21× = 7

大垣日大

 

大垣日大の夏の甲子園出場は、2年連続5回目

試合は大垣商が3回に1点を先制する。

しかし大垣日大はその裏に逆転すると4回以降も着実に追加点を奪い、突き放す

先発の修行は、序盤は制球に苦しんだが、四回以降は低めを意識したピッチングで大垣商を抑えた。

 

 

三重は白山!

三重大会の決勝が四日市市営霞ケ浦球場で行われ、白山が松阪商に8―2で勝利し、三重代表の座をつかんだ。

 

白山

 200 060 000 = 8

 000 002 000 = 2

松阪商

 

白山は春夏通じて甲子園初出場!!

白山は初回に2点を先制し、5回には6点を奪い試合を優位に進める。

先発岩田は13本のヒットを許すが、要所を締める投球で8回2失点

9回は山本が松阪商を抑えて、逃げ切った。

 

この白山は、ノーシードの公立校。

しかも2016年までは10年連続初戦敗退

2017年は3回戦まで進み、そして2018年には初優勝

キャプテンの辻も、甲子園に出場できるとは思っていなかったと試合後に語った。

 

 

鳥取は鳥取城北!

鳥取大会の決勝がコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場で行われ、鳥取城北が米子西に8―0で勝利し、鳥取代表の座をつかんだ。

 

米子西

 000 000 000 = 0

 001 220 30× = 8

鳥取城北

 

鳥取城北の夏の甲子園出場は、3年ぶり5回目

鳥取城北は、5番藤原2打席連続ホームランなどで5回までに5-0とする。
7回にも3点の追加点を奪い、リードを広げる。
米子西は鳥取城北のエース難波からチャンスを作ることができず、試合終了。
難波は10奪三振で完封勝利

 

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村