【第100回夏の甲子園】山形・羽黒、茨城・土浦日大、群馬・前橋育英が甲子園出場決定!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

ヒデです。

各地区で第100回全国高校野球選手権大会の決勝が行われ、代表校が続々と決定しています。

今回は、山形茨城群馬の結果をお伝えします。

 

 

山形は羽黒!

山形大会の決勝が県野球場(荘銀・日新スタジアム)で行われ、羽黒が鶴岡東に5―4で延長戦の末にサヨナラ勝ちし、山形代表の座をつかんだ。

 

鶴岡東 000 130 000 00  = 4

羽黒  300 010 000 01× = 5

 

羽黒の夏の甲子園出場は、15年ぶり2回目

4-4で迎えた延長11回、羽黒の4番竹内は2ボールからの甘い直球を強振。

ライナー性の打球は、そのままライトスタンドに飛び込んだ

劇的なサヨナラ弾で長い試合は決着。

 

羽黒は準決勝の酒田南戦も延長10回にサヨナラホームランで勝利。

勝負強さを身につけ、甲子園に挑む。

 

 

茨城は土浦日大!

茨城大会の決勝がノーブルホームスタジアム水戸で行われ、土浦日大が常総学院に6―1で勝利し、茨城代表の座をつかんだ。

 

土浦日大 000 600 000 = 6

常総学院 010 000 000 = 1

 

土浦日大の夏の甲子園出場は、2年連続4回目

試合は常総学院が2回裏に1点を先制。

0-1で迎えた4回表、土浦日大は打者一巡の猛攻で一挙に6点を奪い逆転に成功。

先発のエース富田は9回を投げ抜き、6安打1失点に抑えた

 

この試合、両チームの監督は、66回大会で優勝した取手二高のチームメイト

清原和博、桑田真澄を擁したPL学園と決勝を、延長十回8―4で制し茨城県勢初優勝を飾った。

当時監督だった木内氏も試合を観戦し、教え子たちの戦いを見守った。

 

 

群馬は前橋育英!

群馬大会の決勝が上毛新聞敷島球場で行われ、前橋育英が健大高崎に6―5でサヨナラ勝ちし、群馬代表の座をつかんだ。

 

健大高崎 300 002 000  = 5

前橋育英 100 100 031× = 6

 

前橋育英の夏の甲子園出場は、3年連続4回目。

群馬大会の決勝は3年連続で同じカードとなった。

序盤から試合を優位に進める健大高崎は、6回に7番今井手の2点タイムリーヒットで5-2とリードを広げる。

前橋育英は8回、代打石田と9番笹澤のタイムリーで3点を挙げ、5-5の同点に追いつく。

そして迎えた9回裏、前橋育英は一塁にランナーを置き5番梅澤がツーベースを放ちサヨナラ勝ち

 

敗れた健大高崎春季関東大会で優勝していたが、甲子園には届かなかった。

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村