【第100回夏の甲子園】西千葉・中央学院、京都・龍谷大平安、和歌山・智弁和歌山が甲子園出場決定!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

各地区で第100回全国高校野球選手権大会の決勝が行われ、代表校が続々と決定しています。

今回は、西千葉京都和歌山の結果をお伝えします。

 

 

西千葉は中央学院!

西千葉大会の決勝がZOZOマリンスタジアムで行われ、中央学院が東京学館浦安に6―2で勝利し、西千葉代表の座をつかんだ。

 

中央学院

 100 203 000 = 6

 100 010 000 = 2

東京学館浦安

 

中央学院は、夏の甲子園初出場!!

初回、中央学院は4番大谷のタイムリーで1点を先制。

その裏に1点を返され同点となるが、4回表には大谷がライトスタンドにソロホームランを放つ。

続く5番池田もレフトスタンドに運び、2者連続ホームランで2点を追加。

6回にも3点を追加し、粘る東京学館浦安を振り切った。

投げては先発西村が、2失点完投勝利。

 

今年の春のセンバツで甲子園初出場を果たしたが、初戦敗退

まずは甲子園での初勝利を目指す。

 

 

京都は龍谷大平安!

京都大会の決勝がわかさスタジアム京都で行われ、龍谷大平安が立命館宇治に11―0で勝利し、京都代表の座をつかんだ。

 

立命館宇治

 000 000 000 =  0

 103 202 03× = 11

龍谷大平安

 

龍谷大平安の夏の甲子園出場は、4年ぶり34回目

準決勝まで全試合コールド勝ちしてきた龍谷大平安が、決勝でも圧倒的な力で甲子園出場を決めた。

 

1回裏に1点を先制すると、その後も効率よく得点し11点を奪った。

投げてはエース小寺4安打1四死球に抑えて完封

 

龍谷大平安は甲子園通算99勝を挙げており、第100回目の夏に甲子園100勝を目指す。

 

 

和歌山は智弁和歌山!

和歌山大会の決勝が紀三井寺公園野球場で行われ、智弁和歌山が市和歌山に7―6でサヨナラ勝ちし、和歌山代表の座をつかんだ。

 

市和歌山

 120 001 002  = 6

 012 210 001× = 7

智弁和歌山

 

智弁和歌山の夏の甲子園出場は、2年連続23回目

先制を許した智弁和歌山だったが、序盤で追いつき、中盤でリードを奪う。

6-4で迎えた9回に、市和歌山の代打林に2ランを浴び、同点。

その裏、智弁和歌山の3番林は遊ゴロだが、全力疾走で送球ミスを誘い出塁する。

ランナーを三塁まで進め、6番黒川がライトへ犠牲フライを放ち、サヨナラ

 

この1年間の公式戦で、敗れた相手は大阪桐蔭だけという智弁和歌山。

夏の甲子園という最高の舞台でのリベンジに期待したい。

 

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク