【第100回夏の甲子園】出場校の戦力を一覧掲載 優勝校はズバリここだ!!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

前回までは、チームの解説を加えてグループ別に載せました。

でも見にくいですよね~。

(自分でそう感じた…)

なので今回は、甲子園に出場する全56校を一覧表示させました。

これを見れば各チームの戦力がよく分かりますので、優勝校予想などに是非使ってください!

 

採点ルール(合計100点満点)

攻撃力=地区大会での1試合当たりの得点を20点満点で採点

投手力=地区大会での1試合当たりの失点の少なさを20点満点で採点

守備力=地区大会での1試合当たりの失策の少なさを20点満点で採点

実績=秋季大会、センバツ、春季大会の結果で採点

総合力=地区大会での勝ち方やチームワークなどを管理人が評価し採点

※各地区の勝利難易度を加味し、すべて独自の計算式で採点しています。

 

 

甲子園出場校戦力一覧(全56校)
高校名 攻撃 投手 守備 実績 総合 合計
旭川大 12 13 5 10 12 52
北照 10 15 15 12 14 66
八戸学院光星 13 14 19 12 12 70
花巻東 12 14 15 13 13 67
仙台育英 8 17 14 11 15 65
金足農 6 17 13 11 14 61
羽黒 8 15 19 11 15 68
聖光学院 14 17 14 18 19 82
土浦日大 11 16 10 10 14 61
作新学院 11 18 11 12 13 65
前橋育英 15 16 15 10 16 72
花咲徳栄 14 18 13 12 18 75
浦和学院 15 16 18 11 18 78
木更津総合 12 16 16 11 16 71
中央学院 10 14 16 15 18 73
二松学舎大付 12 14 12 10 12 60
日大三 12 14 16 15 17 74
慶応 15 13 13 12 19 72
横浜 15 15 15 11 20 76
山梨学院 14 14 11 12 11 62
中越 13 11 14 11 15 64
高岡商 17 11 14 12 18 72
星稜 15 20 16 16 20 87
敦賀気比 13 17 13 10 11 64
佐久長聖 12 16 15 13 11 67
大垣日大 7 17 14 10 10 58
常葉大菊川 13 16 18 11 17 75
愛産大三河 11 18 9 11 12 61
愛工大名電 14 8 14 10 13 59
白山 12 14 12 10 10 58
近江 13 17 14 13 15 72
龍谷大平安 16 19 15 10 17 77
大阪桐蔭 20 17 15 20 20 92
近大付 11 17 18 11 14 71
報徳学園 7 18 19 10 19 73
明石商 8 16 15 12 16 67
奈良大付 17 13 15 10 12 67
智弁和歌山 18 15 13 16 20 82
鳥取城北 13 15 14 11 11 64
益田東 12 15 17 11 10 65
創志学園 11 18 20 10 17 76
広陵 16 18 15 13 18 80
下関国際 11 18 17 15 14 75
鳴門 14 5 5 12 10 46
丸亀城西 12 13 11 10 11 57
済美 10 16 16 10 10 62
高知商 12 16 16 11 12 67
折尾愛真 14 18 13 10 16 71
沖学園 9 13 16 10 10 58
佐賀商 9 15 11 10 13 58
創成館 8 19 19 17 19 82
東海大星翔 14 16 14 10 11 65
藤蔭 9 12 7 10 10 48
日南学園 11 11 16 10 11 59
鹿児島実 9 18 10 11 10 58
興南 7 18 19 11 12 67

※各項目が18点以上、または合計が80点以上をで表示しています。

 

ズバリ!ヒデの優勝校予想!!

まずは戦力分析の結果、やはり大阪桐蔭が最も数値が高く、優勝に近い位置にいることが分かります。

次いで、星稜聖光学院智弁和歌山創成館広陵が続く。

 

ただ、この計算通りにいかないのが甲子園。

甲子園には魔物が住んでますから…。

 

では、管理人ヒデの優勝校予想です。

本命:智弁和歌山

対応:大阪桐蔭、創成館

大穴:金足農、創志学園

 

この5チームを優勝候補に挙げます。

(次点:浦和学院、龍谷大平安、折尾愛真)

 

智弁和歌山

優勝へのハングリー精神が最も高いチーム。

和歌山大会決勝でサヨナラ勝ちした勢いと、勝負の難しさを再認識した。

打倒・大阪桐蔭への集大成。

 

大阪桐蔭

言わずも知れた最強チーム。

役者がそろい、弱点は見つからない。

北大阪大会準決勝での大逆転、そして決勝の大量得点と精神的にも成長して甲子園に挑む。

 

創成館

安定した守備と投手力は全国トップレベル。

昨年秋の明治神宮大会では、大阪桐蔭に勝利している。

攻撃力の高いチームが多いなか、守備が攻撃を上回ることを証明できるか。

 

金足農

今年のナンバー1との声も聞こえるエース・吉田の安定感は抜群。

信頼できる絶対的エースがいると、他の選手も甲子園で成長できる。

派手なチームではないが、手堅い野球が持ち味。

 

創志学園

2年生エース・西と4番・金山の軸は強力。

岡山大会を無失策で勝ち進んだ守備は、甲子園でも力を発揮するだろう。

甲子園に旋風を巻き起こす雰囲気があり、勢いに乗れば十分に優勝を狙えるチーム。

 

 

もうすぐ甲子園が開幕です。

皆さんも優勝予想をして、熱く応援しましょう!!

 

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックをお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク