【第100回夏の甲子園】出場校戦力分析 これを見れば優勝校が予想できる!(北海道・東北編)

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

まもなく第100回全国高校野球選手権大会が開幕します!

そこで、出場校の戦力を分析しました。

今回は第1弾として、北海道・東北ブロックの8校です。

 

採点ルール(合計100点満点)

攻撃力=地区大会での1試合当たりの得点を20点満点で採点

投手力=地区大会での1試合当たりの失点の少なさを20点満点で採点

守備力=地区大会での1試合当たりの失策の少なさを20点満点で採点

実績=秋季大会、センバツ、春季大会の結果で採点

総合力=地区大会での勝ち方やチームワークなどを管理人が評価し採点

※各地区の勝利難易度を加味し、すべて独自の計算式で採点しています。

 

 

北海道

【北北海道】旭川大(9年ぶり8回目)

攻撃力:12/20

投手力:13/20

守備力: 5/20

実 績:10/20

総合力:12/20

合 計:52/100

最速146キロのエース沼田と好調の4番・持丸がチームを引っ張る。

失策の多い守備が課題。

 

 

【南北海道】北照(5年ぶり4回目)

攻撃力:10/20

投手力:15/20

守備力:15/20

実 績:12/20

総合力:14/20

合 計:66/100

左横手投げのエース原田は安定感抜群。

4番岡崎は決勝でサイクル安打達成。

 

 

東北

【青森】八戸学院光星(2年ぶり9回目)

攻撃力:13/20

投手力:14/20

守備力:19/20

実 績:12/20

総合力:12/20

合 計:70/100

最速145キロのエース沼田と守備陣は安定感抜群。

打線もまずまず。

 

 

【岩手】花巻東(3年ぶり9回目)

攻撃力:12/20

投手力:14/20

守備力:15/20

実 績:13/20

総合力:13/20

合 計:67/100

長打は少ないが連打で得点を奪う。

投打ともに粘り強い。

 

 

【宮城】仙台育英(2年連続27回目)

攻撃力: 8/20

投手力:17/20

守備力:14/20

実 績:11/20

総合力:15/20

合 計:65/100

田中-大栄の継投で勝ち抜く。

長打力はないが、連打でどこからでも得点ができる。

 

 

【秋田】金足農(11年ぶり6回目)

攻撃力: 6/20

投手力:17/20

守備力:13/20

実 績:11/20

総合力:14/20

合 計:61/100

秋田大会の全5試合、636球を1人で投げ切った自己最速150キロのエース・吉田は世代ナンバー1投手との呼び声が高い。

打線がエースを助けられるかがカギとなる。

 

 

【山形】羽黒(15年ぶり2回目)

攻撃力: 8/20

投手力:15/20

守備力:19/20

実 績:11/20

総合力:15/20

合 計:68/100

サヨナラ勝ちで決勝を決めた勝負強さがある。

夏の初勝利を目指す。

 

 

【福島】聖光学院(12年連続15回目)

攻撃力:14/20

投手力:17/20

守備力:14/20

実 績:18/20

総合力:19/20

合 計:82/100

今年の強力打線は、チーム歴代最強と言われている。

県12連覇で甲子園を決めた。

投手陣も安定し、東北地方に初優勝をもたらす可能性を感じられる。

 

 

 

次回は関東の出場校の戦力をお伝えします。

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク