【第100回夏の甲子園】出場校戦力分析 これを見れば優勝校が予想できる!(中国・四国編)

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

ヒデです。

いよいよ第100回全国高校野球選手権大会の開幕が迫ってきました。

そこで、出場校の戦力を分析しましたので掲載します。

今回は第5弾として、中国・四国ブロックの9校!

 

採点ルール(合計100点満点)

攻撃力=地区大会での1試合当たりの得点を20点満点で採点

投手力=地区大会での1試合当たりの失点の少なさを20点満点で採点

守備力=地区大会での1試合当たりの失策の少なさを20点満点で採点

実績=秋季大会、センバツ、春季大会の結果で採点

総合力=地区大会での勝ち方やチームワークなどを管理人が評価し採点

※各地区の勝利難易度を加味し、すべて独自の計算式で採点しています。

 

 

中国

【鳥取】鳥取城北(3年ぶり5回目)

攻撃力:13/20

投手力:15/20

守備力:14/20

実 績:11/20

総合力:11/20

合 計:64/100

決勝で完封したエース・難波が軸。

片山、藤原が打線の中心。

 

 

【島根】益田東(18年ぶり4回目)

攻撃力:12/20

投手力:15/20

守備力:17/20

実 績:11/20

総合力:10/20

合 計:65/100

稲林、安田は長打力がある。

藤本&首藤の二遊間を中心に守備力も高い。

 

 

【岡山】創志学園(2年ぶり2回目)

攻撃力:11/20

投手力:18/20

守備力:20/20

実 績:10/20

総合力:17/20

合 計:76/100

最速150キロのエース・西、5試合連続ホームランの4番・金山がチームを引っ張る。

高い守備力も自慢。

 

 

【広島】広陵(2年連続23回目)

攻撃力:16/20

投手力:18/20

守備力:15/20

実 績:13/20

総合力:18/20

合 計:80/100

最速149キロのエース森悠が試合を作る。

4番・河端を中心とした打線は7試合で80得点。

 

 

【山口】下関国際(2年連続2回目)

攻撃力:11/20

投手力:18/20

守備力:17/20

実 績:15/20

総合力:14/20

合 計:75/100

エースで4番の鶴田が軸。

大会2失策と守備も安定している。

 

 

四国

【徳島】鳴門(2年ぶり12回目)

攻撃力:14/20

投手力: 5/20

守備力: 5/20

実 績:12/20

総合力:10/20

合 計:46/100

得点力があり、うずしお打線は健在。

2年生エース・西野の投球がカギ。

 

 

【香川】丸亀城西(13年ぶり5回目)

攻撃力:12/20

投手力:13/20

守備力:11/20

実 績:10/20

総合力:11/20

合 計:57/100

投手は真鍋、大前が軸。

夏の甲子園初勝利を目指す。

 

 

【愛媛】済美(2年連続6回目)

攻撃力:10/20

投手力:16/20

守備力:16/20

実 績:10/20

総合力:10/20

合 計:62/100

エース・山口は愛媛大会全5試合を完投。

芦谷、池内は長打力がある。

 

 

【高知】高知商(12年ぶり23回目)

攻撃力:12/20

投手力:16/20

守備力:16/20

実 績:11/20

総合力:12/20

合 計:67/100

北代ら4投手が安定している。

明徳義塾を圧倒した打撃力も高い。

 

 

 

次回は九州ブロックの出場校の戦力をお伝えします。

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村