【第100回夏の甲子園】出場校戦力分析 これを見れば優勝校が予想できる!(九州編)

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

ヒデです。

いよいよ第100回全国高校野球選手権大会の開幕が迫ってきました。

そこで、出場校の戦力を分析しましたので掲載します。

今回は第6弾として、九州ブロックの9校!

 

採点ルール(合計100点満点)

攻撃力=地区大会での1試合当たりの得点を20点満点で採点

投手力=地区大会での1試合当たりの失点の少なさを20点満点で採点

守備力=地区大会での1試合当たりの失策の少なさを20点満点で採点

実績=秋季大会、センバツ、春季大会の結果で採点

総合力=地区大会での勝ち方やチームワークなどを管理人が評価し採点

※各地区の勝利難易度を加味し、すべて独自の計算式で採点しています。

 

 

九州

【北福岡】折尾愛真(初出場)

攻撃力:14/20

投手力:18/20

守備力:13/20

実 績:10/20

総合力:16/20

合 計:71/100

長野、野元、松井らの打撃力はトップレベル。

まずは甲子園初勝利を目指す。

 

 

【南福岡】沖学園(初出場)

攻撃力: 9/20

投手力:13/20

守備力:16/20

実 績:10/20

総合力:10/20

合 計:58/100

強豪校を撃破し甲子園初出場。

斎藤、石橋の2枚看板の出来次第。

 

 

【佐賀】佐賀商(10年ぶり16回目)

攻撃力: 9/20

投手力:15/20

守備力:11/20

実 績:10/20

総合力:13/20

合 計:58/100

最速145キロのエース・木村は本格派。

バントやバスターなど多彩な攻撃で勝ち進んだ。

 

 

【長崎】創成館(3年ぶり2回目)

攻撃力: 8/20

投手力:19/20

守備力:19/20

実 績:17/20

総合力:19/20

合 計:82/100

プロ注目のエース・川原を中心に投手が充実している。

5試合1失策と守備も堅い。

 

 

【熊本】東海大星翔(35年ぶり2回目)

攻撃力:14/20

投手力:16/20

守備力:14/20

実 績:10/20

総合力:11/20

合 計:65/100

2年生の4番・竹下は長打力がある。

エース・山下と打線が噛み合えば上位進出も可能。

 

 

【大分】藤蔭(28年ぶり2回目)

攻撃力: 9/20

投手力:12/20

守備力: 7/20

実 績:10/20

総合力:10/20

合 計:48/100

エース・市川は大分大会で4試合完投。

バントを絡めた手堅い野球で勝利を目指す。

 

【宮崎】日南学園(2年ぶり9回目)

攻撃力:11/20

投手力:11/20

守備力:16/20

実 績:10/20

総合力:11/20

合 計:59/100

坂元、門川が打撃の中心。

投手陣の出来がカギとなる。

 

【鹿児島】鹿児島実(3年ぶり19回目)

攻撃力: 9/20

投手力:18/20

守備力:10/20

実 績:11/20

総合力:10/20

合 計:58/100

打線は中島、西が中心。

鹿児島大会での三振はチーム計8個という少なさ。

 

 

【沖縄】興南(2年連続12回目)

攻撃力: 7/20

投手力:18/20

守備力:19/20

実 績:11/20

総合力:12/20

合 計:67/100

右の當山、左の宮城、藤木と投手陣が安定している。

6試合で1失策と守備も堅い。

 

 

 

次回は戦力分析のまとめと私の優勝予想をお伝えします。

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村