【第100回夏の甲子園】3日目試合結果 センバツ準優勝の智弁和歌山が初戦敗退…

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

ヒデです。

第100回全国高校野球選手権大会の3日目です。

試合結果をお伝えします。

 

 

3日目試合結果

第1試合

佐賀商 (佐賀) 1 - 4 高岡商 (富山)

 

第2試合

智弁和歌山 (和歌山) 3 - 7 近江 (滋賀)

 

第3試合

前橋育英 (群馬) 2 - 0 近大付 (南大阪)

 

第4試合

益田東 (島根) 7 – 8 常葉大菊川 (静岡)

 

 

【次の対戦】

高岡商 - 佐久長聖

近江 - 前橋育英

常葉大菊川 - (日南学園 - 丸亀城西 の勝者)

 

 

試合の振り返り

智弁和歌山が初戦敗退…。

私は今年の優勝候補に挙げていたが、まさかここで負けるとは。

 

敗戦理由について書いてみる。

今日の智弁和歌山は、何といってもミスが多かった。

特に攻撃のミス。

2-3と1点ビハインドで迎えた6回裏、無死一、二塁のチャンスでは8番・東妻が送りバントを空振り。

二塁走者の黒川が戻りきれず捕手からの送球でアウトに。

また、7回裏には一死一塁の場面で4番・文元が見逃し三振、ランナーの林は二塁で刺されアウト。

10本の安打を放ったが、自分たちでチャンスを潰したように見えた。

そして試合の流れも自分たちでつかみきれなかった。

 

どんな試合にも、少なからず流れがある。

それを見極めて監督は指示を出すが、ミスが続くとその流れは相手に行ってしまう。

この試合はその流れをつかんだチームが勝ち、逃したチームが負けた。

 

試合後、高嶋仁監督は

打てませんでした。

チャンスで点を取れなかった。

ミスが連続した。

これだけミスが続いては甲子園では勝てない。

相手にいいリズムを与えてしまった。

と敗戦を嘆いた。

 

一方、プロ注目の智弁和歌山3番・林を1安打、4番・文元を無安打に抑えた近江投手陣は素晴らしい投球だった。

また、少ないチャンスで得点を奪った近江打線も見事。

4番・北村2本7番・山田1本のホームランを放った。

この2人、今日の打率は5割だが、ホームラン以外の打席は三振

完全に、ブライアントタイプの打撃だった。

 

~ブライアントタイプとは~

ブライアントとは、ドーム球場の天井スピーカー直撃の物凄いホームランなど3度ホームラン王になったが、年間204三振のプロ野球記録も持っている元近鉄の選手。

そのようにホームランか三振か両極端な選手を「ブライアントタイプ」と呼んでいる。

 

 

近江の次戦は、近大付に完封勝利した前橋育英。

投打の戦いになりそうで楽しみだ。

 

 

明日の予定

4日目も4試合が予定されています。

第2試合では、エース・吉田の投球が気になる金足農が登場します。

 

日南学園 (宮崎) - 丸亀城西 (香川)

金足農 (秋田) - 鹿児島実 (鹿児島)

大垣日大 (岐阜) - 東海大星翔 (熊本)

花咲徳栄 (北埼玉) - 鳴門 (徳島)

 

4日目も良い試合に期待しましょう!

 

 

 

いつもありがとうございます。

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク