【第100回夏の甲子園】5日目試合結果 横浜快勝!創志学園・西投手は16奪三振!!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

智弁和歌山が負けたショックがだんだん落ち着いてきたヒデです…。

 

今日は第100回全国高校野球選手権大会の5日目。

試合結果をお伝えします。

 

 

5日目試合結果

第1試合

横浜 (南神奈川) 7 - 0 愛産大三河 (東愛知)

 

第2試合

花巻東 (岩手) 2 - 4 下関国際 (山口)

 

第3試合

創志学園 (岡山) 7 - 0 創成館 (長崎)

 

第4試合

興南 (沖縄) 6 - 2 土浦日大 (茨城)

 

 

【次の対戦】

横浜 - 花咲徳栄

下関国際 - 創志学園

興南 - (敦賀気比 - 木更津総合 の勝者)

 

 

試合の振り返り

今日の注目カードは、創志学園-創成館 戦。

どちらも好投手がいて、しっかりした守備ができるチーム。

創志学園は、2年生エース・西4番・金山という強力な2つの軸があり、岡山大会で無失策という鉄壁の守備も自慢。

創成館はエース・川原を中心とした多彩な投手陣を擁し、「守りで攻めよ」をテーマに守備力には定評のあるチーム。

試合前は、ロースコアでの接戦になると予想していた。

が、結果は7-0創志学園勝利

 

この試合を振り返ってみよう。

 

先発した創志学園のエース・西投手

2年生ながら侍ジャパンU-18代表候補に選ばれている。

今日の試合では、最速149キロのストレートにキレのあるスライダーで毎回の16奪三振

 

創成館もエースの川原投手が先発。

彼も侍ジャパンU-18代表候補に選ばれている。

しかし今日の川原は、安定感がなく4回に連打を浴びる。

そして、3回2/3で7安打4失点3奪三振、84球でマウンドを降りた。

 

創志学園の打線は10安打を放ったが、そのうち8本は単打(シングルヒット)。

そして7つの四球と送りバントを絡めた手堅い野球だった。

 

一方、創成館は西投手の前に4安打に抑えられ、前述のとおり16個の三振を奪われた。

そのうち空振り三振が15個

その理由を試合後に選手が話していた。

(スライダーは)振り始めたら曲がる。

(直球と変化球で)ほとんど投げ方が一緒。

大阪桐蔭・根尾、柿木クラスの投手。

創成館は西対策として、ノーステップ打法で挑んだ。

ノーステップ(すり足)にすることで、目線がズレにくくボールを長く見れるというメリットがある。

ミート意識を高めていたが、それでも空振りをしてしまう。

それほど今日の西投手の投球はキレがすごかったということだ。

 

ではどうすればよかったのか?

(監督気分でこれを考えるのが楽しい!)

 

個人的な考えになるが、はっきり言って今日の西投手には、普通に戦ったのでは勝てない。

こうなった時には、徹底的にカットして球数を増やし、疲れさせるのが有効だ。

今日の西投手は123球を投げたが、粘って150球以上投げさせれば状況は変わったはず。

あとは、揺さぶりが足りなかったように思えた。

いろいろ仕掛けることで投手を揺さぶり、失投を増やせたのではないか。

正攻法とは言えないが、このように相手のミスを誘う作戦が効果的だと思う。

 

私はこの2チームを優勝候補の対抗と大穴として推していた。

(本命の智弁和歌山はすでに敗退…)

勝利した創志学園については、明徳義塾の名称・馬淵監督も、

「大阪桐蔭を倒すなら創志学園」

と語っている。

創志学園がどこまでいけるか楽しみだ。

 

 

明日の予定

6日目は3試合が予定されています。

敦賀気比 (福井) - 木更津総合 (東千葉)

日大三 (西東京) - 折尾愛真 (北福岡)

羽黒 (山形) - 奈良大付 (奈良)

 

 

6日目も良い試合に期待しましょう!

 

 

 

皆さんのおかげで現在ランキング2位!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村