【第100回夏の甲子園】9日目試合結果 大阪桐蔭に王者の風格を感じた

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

スポンサーリンク

 

高校野球三昧の休日を過ごしているヒデです。

 

それでは第100回全国高校野球選手権大会9日目の試合結果をお伝えします。

 

 

9日目試合結果

第1試合

大阪桐蔭 (北大阪) 10 - 4 沖学園 (南福岡)

 

第2試合

佐久長聖 (長野) 4 - 5 高岡商 (富山)

 

第3試合

近江 (滋賀) 4 – 3 前橋育英 (群馬)

 

【次の対戦】

大阪桐蔭 - 高岡商

近江 - (常葉大菊川 - 日南学園 の勝者)

 

 

試合の振り返り

第1試合の大阪桐蔭-沖学園 戦を振り返ります。

 

この試合、先制は沖学園

2回に4番・吉村の二塁打と、7番・沖島のヒットなどで2死1、3塁のチャンスを作る。

続く8番・三浦の打席で、大阪桐蔭の先発・根尾暴投

三塁ランナーが生還し、先制点を挙げた。

その後、4回に大阪桐蔭が2点を奪って逆転するが、5回表に沖学園の6番・森島がソロホームランを放ち同点に追いつく。

しかしその裏、大阪桐蔭は1点を勝ち越すが6回表に沖学園も1点を奪い再度追いつく。

大阪桐蔭はここからが強かった。

6回に4点、7回に1点、8回に2点を奪って10得点とする。

沖学園も粘りを見せたが、8回に阿部のホームランでの1点のみに終わった。

 

結果的には大阪桐蔭が大量10得点を奪ったが、打線は3回まで無安打に抑えられ、無得点。

大阪桐蔭は初戦の作新学院戦も、7回まで1得点に抑えられていた。

今大会の大阪桐蔭は、(まだ2試合だが)序盤は相手のエースに抑えられるが、中盤から終盤にかけて相手投手を攻略し、リードを奪うという試合展開をしている。

その大阪桐蔭の試合を見ていて思ったのは、決して慌てないということ。

そして、チャンスをしっかりものにして、得点を奪えるということ。

相手投手が疲れてきた終盤に勝負をかけて、しっかり勝ち越す。

相手が継投してきても、その投手をしっかり攻略する。

 

勝負どころの見極めも素晴らしく、相手チームの気力を奪うイニングを作る。

また、これは観客にも有効で、もしかして大阪桐蔭に勝つのでは?と思って応援していたが、だんだんそれを諦めさせてしまうという効果もある。

(選手にとっては、応援が減ると結構堪える…)

 

自信があるというか余裕があるというか、王者の風格を感じた。

 

この状態の大阪桐蔭を倒すことができるだろうか…。

 

 

明日の予定

10日目は3試合が予定されています。

私が期待している金足農が大垣日大と対戦します。

 

常葉大菊川 (静岡) - 日南学園 (宮崎)

金足農 (秋田) - 大垣日大 (岐阜)

花咲徳栄 (北埼玉) - 横浜 (南神奈川)

 

 

10日目も良い試合に期待しましょう!

 

 

 

皆さんのおかげで現在ランキング2位!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク