【第100回夏の甲子園】13日目試合結果 ベスト8が決定!金足農はなぜ強い?ヒデがその強さを分析

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

やっぱり今日も熱闘甲子園したヒデです。

 

それでは第100回全国高校野球選手権大会の13日目の試合結果をお伝えします。

 

 

13日目試合結果

第1試合

近江 (滋賀) 9 - 4 常葉大菊川 (静岡)

 

第2試合

金足農 (秋田) 5 - 4 横浜 (南神奈川)

 

第3試合

下関国際 (山口) 4 - 1 木更津総合 (東千葉)

 

第4試合

日大三 (西東京) 4 - 3 龍谷大平安 (京都)

 

【次の対戦】

日大三 - 下関国際

金足農 - 近江

 

 

試合の振り返り

第2試合の金足農-横浜 戦を振り返ります。

 

金足農は、今大会で全国区になったエース・吉田が先発。

横浜の先発も、エース・板川

 

先制したのは横浜

1回表、先頭の山崎がスリーベースヒットでチャンスを作り、2番・河原木のファーストゴロの間に生還し先制点を奪う。

その後、ヒットやフォアボールで満塁とし、吉田のワイルドピッチでさらに1点を追加する。

 

早めに追いつきたい金足農は3回裏、2番・佐々木が出塁し、バッターは3番・吉田

カウント3-1から強振した打球は、センターバックスクリーンに飛び込む2ランホームラン

この1発で金足農が同点に追いついた。

 

勝ち越し点を奪ったのは横浜

6回、遠藤のツーベースヒットで勝ち越す

さらに7回、角田のヒットで1点を追加し、4-2とする。

 

金足農は6回、7回と横浜・板川に三者凡退に抑えられ、逆転は難しいと思われた。

横浜は8回に1死3塁とし、追加点のチャンスを作る。

しかし金足農の守備陣が踏ん張り、内野ゴロ2つでこの回を無失点に抑えた。

 

8回裏、金足農は吉田、打川の連打で無死1、2塁のチャンスを作る。

この場面で5番・大友がバントを失敗し、チャンスをつぶしたかと思えた。

しかし6番・高橋が狙っていた初球を打ち、打球はバックスクリーンに飛び込む逆転3ランホームラン!!

(このホームランは、高橋の人生初ホームラン)

終盤で金足農が5-4と逆転

 

9回、横浜の最後の攻撃。

しかしギアを上げた金足農・吉田を打ち崩すことができない。

吉田は最終回の161球目に自己最速の150キロのストレートを投げるなど、完璧なピッチングで三者連続三振に抑え、そのまま5-4で勝利した。

 

金足農は試合ごとに成長している。

特に打線

秋田大会では5試合で22得点、1試合平均4.4得点で勝ち進んだが、これは出場56校のなかで最も少ない得点だ。

それが甲子園では1試合平均5.3得点にアップしている。

(横浜は11.0→6.3、大阪桐蔭は14.0→5.3と、甲子園で下がるのが普通)

 

打線が好調な理由は、吉田のピッチングにある。

今大会、吉田は全試合150球以上を投げ完投している。

そのピッチングを助けるために何ができるかを打者は考え、その一心で打席に立つ。

チームメイトの気持ちに応えるために、吉田の力投する。

さらに打者は、吉田を助けることを考える。

という好循環が生まれ、チームが勢いに乗り勝利する。

 

これが金足農の強さの理由だと私は思う。

 

今日の試合で、吉田は先頭打者を4回出塁させた。

先頭打者を出塁させることで、失点の確率が高くなる。

次戦以降この点を修正できれば、優勝も現実的になってくるだろう。

 

 

明日の予定

14日目は準々決勝4試合が予定されています。

ここまでくると、どれも楽しみな試合ばかり。

 

大阪桐蔭 (北大阪) - 浦和学院 (南埼玉)

報徳学園 (東兵庫) - 済美 (愛媛)

日大三 (西東京) - 下関国際 (山口)

金足農 (秋田) - 近江 (滋賀)

 

 

14日目も良い試合に期待しましょう!

 

 

 

皆さんのおかげで現在ランキング2位!

↓ランキングの順位アップのため、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村