【第100回夏の甲子園】14日目試合結果 大阪桐蔭はやっぱり強い 金足農はサヨナラで勝利!勝敗のポイントは?

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

金足農の活躍で、まわりに秋田県出身者が意外と多いことを知ったヒデです。

 

それでは第100回全国高校野球選手権大会の14日目の試合結果をお伝えします。

 

 

 

14日目試合結果

第1試合

大阪桐蔭 (北大阪) 11 - 2 浦和学院 (南埼玉)

 

第2試合

報徳学園 (東兵庫) 2 - 3 済美 (愛媛)

 

第3試合

日大三 (西東京) 3 - 2 下関国際 (山口)

 

第4試合

金足農 (秋田) 3 - 2 近江 (滋賀)

 

【次の対戦】

金足農 - 日大三

済美 - 大阪桐蔭

 

 

試合の振り返り

第1試合の大阪桐蔭-浦和学院 戦を振り返ります。

 

大阪桐蔭は、プロ注目の根尾が先発。

浦和学院の先発も、ドラフト候補の渡辺

 

私は、もし大阪桐蔭が敗れるならここだろうと思っていた。

しかし予想に反し、11-2で快勝。

2回に根尾、5回と8回に藤原、9回に石川と4本のホームラン圧倒した。

先発した根尾は5回に2失点したが、その後柿木はほぼ完璧なピッチングで浦和学院を抑えた。

 

今日の試合を見る限り、大阪桐蔭に欠点は見つからないように思えた。

相手の疲労やミスを見逃さず、ビッグイニングを作る。

そして安定した投手陣。

大阪桐蔭の春夏連覇は、相当高い確率で達成できそうだ。

 

 

次に第4試合の金足農-近江 戦について。

金足農の先発は、ここまで1人で投げぬいているエース・吉田

しかし今日はいつものキレがない

ここまで投げてきた疲れが溜まっているのだろう。

変化球中心でなんとか凌いでいるというように見えた。

その状態でも10奪三振を奪うところは見事。

そして6回表には、フライになったバントをわざと落としてダブルプレーにするなど、クレバーな面も見せた。

 

試合は9回裏にドラマが。

1点を追う金足農は2本のヒットと四球で無死満塁チャンスを作る。

バッターは9番・斎藤

ここで金足農はスクイズを成功させ1点を奪う。

打球を取ったサードが1塁に送球する間に、2塁走者・菊地も送球をかわして生還!!

金足農が好走塁でサヨナラ勝ち

 

この場面、3塁コーチは止めていたが、サードがランナーを確認していないとみて、菊地は躊躇なく本塁に滑り込んだ。

ちょっとしたスキを見逃さなかった菊地の判断は素晴らしい。

ここが勝敗を分けるポイントになった。

 

本当に高校野球は最後まで分からない。

 

明日ゆっくり休養し、準決勝での吉田の快投を見たい。

 

 

明日の予定

明日は休養日です。

明後日の15日目は準決勝2試合が予定されています。

 

金足農 (秋田) - 日大三 (西東京)

済美 (愛媛) - 大阪桐蔭 (北大阪)

 

 

15日目も良い試合に期待しましょう!

 

 

 

皆さんのおかげで現在ランキング2位!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村