【第100回夏の甲子園】15日目試合結果 決勝は金足農vs大阪桐蔭に!

スポンサーリンク

2018年 夏の甲子園

 

甲子園での残り試合の少なさに夏の終わりを感じているヒデです。

 

それでは第100回全国高校野球選手権大会15日目の試合結果をお伝えします。

 

 

15日目試合結果

第1試合

金足農 (秋田) 2 - 1 日大三 (西東京)

 

第2試合

済美 (愛媛) 2 - 5 大阪桐蔭 (北大阪)

 

【次の対戦】

金足農 (秋田) - 大阪桐蔭 (北大阪)

 

 

試合の振り返り

まずは第1試合の金足農-日大三 戦について。

先発は金足農は吉田、日大三は広沢

 

初回から試合が動く。

金足農の先頭バッター・菅原がヒットで出塁し、2番・佐々木が送る。

その後、3番・吉田はサードゴロに倒れるが、4番・打川がレフトへのヒットを放ち、ランナーが生還。

まずは金足農が先制点をあげる。

 

日大三はヒットを放つがつながらない。

吉田の投球に翻弄され、4回まで3安打に抑えられる。

 

次に点を奪ったのも金足農。

5回、四球で出塁したランナーを送り、5番・大友がセンター前ヒットを放ち1点を追加する。

 

日大三は8回裏に連打でチャンスを作り、4番・大塚のヒットで1点を返す

疲れの見えてきた吉田からようやく点を奪った。

普通なら崩れてもおかしくない場面だったが、続くバッターを三振に抑え、1失点に留めた吉田はさすがだった。

 

9回裏、日大三の最後の攻撃。

連打で一打サヨナラの場面を作ったが、吉田が踏ん張り無失点に抑え、金足農が2-1で勝利した。

 

この試合、開始前から金足農のペースだった。

まずは、球場で観戦していた甲子園ファンの多くは金足農を応援していたこと。

金足農にとってはホームのように温かく、実力以上の力が出せそうな雰囲気になっていた。

そして始球式が桑田氏だったこと。

金足農は1984年の夏に、2年生エース・桑田を擁するPL学園と準決勝で対戦し敗れている。

その時のベスト4を超えることを目標に練習してきた。

 

このような、さまざまな条件が重なった上での勝利。

 

今日の吉田は134球を投げ、9安打1失点7奪三振で完投。

最速は最終回に148キロを複数回マークした。

これで秋田大会から10試合すべて完投している。

 

明日の決勝もおそらく先発するだろう。

それまでに少しでも体力を回復させ、最後に最高の姿を見せてほしい。

 

 

続く第2試合は大阪桐蔭-済美の戦い。

大阪桐蔭の先発は柿木、済美の先発は山口と、両チームともエースが先発した。

 

先制点は済美が2回に奪う。

しかし大阪桐蔭は慌てない。

4回裏に2点を奪い逆転すると、5回に追いつかれるがその裏に3点を奪って勝ち越す

試合はそのまま5-2で大阪桐蔭が勝利した。

 

この試合、見ていて大阪桐蔭の貫禄すら感じた。

まさに横綱相撲

序盤でリードされていても、中盤以降には必ず自分たちが勝ち越せるという自信があるのだろう。

本当に弱点を見出すことができない。

 

 

明日の予定

明日16日目はいよいよ決勝です。

 

金足農 (秋田) - 大阪桐蔭 (北大阪)

 

公立の農業高校vs私立の野球エリート校の対決。

大阪桐蔭の強力打線を吉田は抑えられるか?

また、吉田の投球を大阪桐蔭打線は打ち崩すことができるか?

 

そしてこの試合では、

 金足農が勝てば、東北勢の初優勝

 大阪桐蔭が勝てば、史上初の2度目の春夏連覇

がかかっている。

どちらが勝っても歴史に名を残すことになる。

 

 

本当に楽しみな決勝です。

良い試合に期待しましょう!

 

 

 

皆さんのおかげで現在ランキング2位!

↓今日もクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村