【アジア選手権】 侍ジャパン、韓国に敗れる! 敗戦の理由は?

スポンサーリンク

2018年 その他大会

 

ヒデです。

第12回 BFA U18アジア選手権の第3戦目、侍ジャパンは強敵韓国と対戦しました。

その試合結果をお伝えします。

 

 

試合結果

韓国

 300 000 000 = 3

 000 001 000 = 1

日本

 

スタメン

1:小園(遊)

2:奈良間(二)

3:中川(三)

4:藤原(中)

5:根尾(右)

6:野尻(一)

7:蛭間(左)

8:小泉(捕)

9:日置(DH)

 

バッテリー(投手 - 捕手)

 吉田、板川、柿木、根尾 - 小泉

 

ホームラン

 なし

 

 

試合詳細

1回表

投手:吉田

四球とショート小園のエラーで2者が出塁し、4番キム・デハンが初球をレフトスタンドへ3ラン。

後続は抑えたが、先発・吉田は初回に3失点を喫した。

 

1回裏

1番・小園:センターフライ

2番・奈良間:四球

3番・中川:ライトフライ

4番・藤原:空振り三振

 

2回表

投手:吉田

この回もショート小園のエラーで出塁を許すが、無失点に抑える。

 

2回裏

5番・根尾:セカンドゴロ

6番・野尻:ファーストフライ

7番・蛭間:センターフライ

 

3回表

投手:吉田

四球でランナーを許すが無失点に抑える。

 

3回裏

8番・小泉:四球

9番・日置:送りバント

1番・小園:レフトフライ

2番・奈良間:センターフライ

 

4回表

投手:吉田

空振り三振、内野ゴロ2つで三者凡退に抑える。

 

4回裏

3番・中川:センターフライ

4番・藤原:スリーベースヒット

5番・根尾:空振り三振

6番・野尻:四球

7番・蛭間:センターフライ

 

5回表

投手:吉田

この回もショート小園のエラーで出塁を許すが、無失点に抑える。

(この試合3つ目のエラー)

 

5回裏

8番・小泉:セカンドゴロ

9番・日置:四球

1番・小園:ヒット

2番・奈良間:ファーストファウルフライ

3番・中川:ショートゴロ

 

6回表

投手:吉田

先頭打者を内野安打で出塁させるが後続を抑え、無得点。

 

6回裏

4番・藤原:四球

5番・根尾:盗塁&内野安打

6番・野尻:牽制悪送球(1点)&キャッチャーファウルフライ

7番・蛭間:センターフライ

8番・小泉:空振り三振

 

7回表

投手:板川

ショートゴロ、空振り三振、空振り三振の三者凡退に抑える。

 

7回裏

9番・日置:レフトフライ

1番・小園:レフトフライ

2番・奈良間:サードライナー

 

8回表

投手:柿木

ファーストゴロ、空振り三振、ライトフライの三者凡退に抑える。

 

8回裏

3番・中川:空振り三振

4番・藤原:ヒット

5番・根尾:四球

6番・野尻:ショートゴロ

7番・蛭間:ショートゴロ

 

9回表

投手:根尾

先頭バッターをヒットで出塁させるが後続を抑え、無失点。

 

9回裏

8番・根来:ショートゴロ

9番・峯:見逃し三振

1番・小園:ヒット

2番・奈良間:見逃し三振

 

試合終了

 

 

感想

グループリーグ最終戦は、韓国に1-3敗れた

初回に吉田が3ランを浴び、日本は逆転できないまま試合終了

この試合の各選手の成績は以下の通り。

 小園  5打数2安打

 奈良間 4打数0安打(1四球)

 中川  4打数0安打

 藤原  3打数2安打(1四球)

 根尾  3打数1安打(1四球)

 野尻  3打数0安打(1四球)

 蛭間  4打数0安打

 小泉  2打数0安打(1四球)

 日置  1打数0安打(1四球)

 根来  1打数0安打

 峯   1打数0安打

 

安打と四球あわせて11人のランナーを出したが、得点はわずか1点。

韓国の投手陣を打ち崩すことができなかった。

 

私は、この試合の敗戦の理由は2つあると感じた。

 

1.単調な攻め

3回、4回、6回、8回は無死または一死で得点圏にランナーを進めたが、得点できたのは6回のみ。

(それも相手のミスでの得点)

ランナー3塁からスクイズの仕草は見られず、全てヒッティングだった。

投手もバント処理を考える必要がなく、韓国の守備陣もヒッティングに備えればよかったので守りやすい状況になっていただろう。

強打者ぞろいの日本代表だが、もっとバントや足を絡めて相手を揺さぶっても良かった。

 

2.名手小園のエラー

初回に四球でランナーを出した後、ショートゴロを小園がエラー。

小園は守備が非常に上手いが、このプレーでは併殺を狙い過ぎたのだろう。

このエラーの直後、吉田が3ランを浴びた。

結局、この試合で名手小園は3つのエラーを記録。

試合のリズムは守備から作ることが多いため、エラーが多いと試合のリズムが悪くなり、チームも勢いに乗れない。

その結果、チャンスはあったが最後まで勢いに乗れなかったのではないか。

 

 

スーパーラウンドに進んだ日本は、休養日を挟み9月7日に台湾と対戦する。

リーグ戦だが1試合でも負けてしまうと、優勝の可能性はほぼ消えてしまう。

これからは負けられない戦いになるが、勝ち進んでほしい。

 

 

 

目指せランキング1位!!

皆さんクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村