2018年福井国体高校野球 開催期間・出場校・チケット情報など

スポンサーリンク

2018年 その他大会

ヒデです。

夏の甲子園とアジア選手権が終わり、次はドラフト会議を楽しみにしている人も多いかと思います。

しかし、まだ大会が残っています!

それが

福井しあわせ元気国体 2018

です。

(福井県は幸福度日本一と言われているらしい)

通称、福井国体

これが高校3年生にとっては最後の大会になります。

 

今回はこの福井国体の情報をお伝えします。

 

 

福井しあわせ元気国体とは

福井県で開催される第73回国民体育大会のこと。

国体は、日本最大のスポーツの祭典として広く親しまれ、国民の健康増進と体力向上、スポーツの普及と発展、そして豊かで活力ある地域社会づくりに大きく寄与してきた。

 

開催時期

9月29日(土) ~10月9日(火)の11日間

 

実施競技

【正式競技 37競技】

 陸上競技、水泳、サッカー、テニス、体操など

【特別競技 1競技】

 高等学校野球

【公開競技 4競技】

 綱引、ゲートボールなど

【デモンストレーションスポーツ 36競技】

少林寺拳法、ドッジボール、還暦軟式野球など

 

 

高校野球はなぜ特別競技か?

これについては国体のホームページに記載がありました。

それによると、

国体は、「冬季大会」と「本大会」の競技得点の合計を競う都道府県対抗方式で開催され、天皇杯(男女総合成績1位)・皇后杯(女子総合成績1位)の獲得を目指し、都道府県代表の選手が各競技で熱い戦いを繰り広げます。

福井国体では、競技得点の加点対象となる「正式競技」のほか、「特別競技」、「公開競技」、県民を参加対象とする「デモンストレーションスポーツ」を実施します。

とのこと。

 

つまり、国体の高校野球には全ての都道府県が出場するわけではないため、不平等を無くすため「特別競技」としているのだろう。

高校野球ファンにとっては試合が行われるのは嬉しいが、ファン以外からすると、なぜ全ての都道府県が出ないのに高校野球が行われるんだろう?って思うだろうな~。

なぜ高校野球が行われるか?

それは、

人気があるから

です。(勝手な憶測…)

 

 

福井国体高校野球の開催情報

期間

9月30日(日)~10月3日(水)の4日間

 

場所

福井県営野球場

(福井県福井市福町3-20)

※ 会場や周辺に一般駐車場なし。

※ 福井駅から無料シャトルバスあり。

 

入場料

一般    500円

高校生   100円

中学生以下 無料

※ 当日券のみで前売券なし。

 

入場券販売開始時間(予定)

9月30日(1回戦) 6:45

10月 1日(2回戦) 7:30

10月 2日(準決勝)9:00

10月 3日(決勝) 9:00

 

詳細については直接ご確認ください↓

https://www.fukuicity-kokutai.jp/kyogi/yakyu.html

 

 

福井国体高校野球の出場校

出場校12校

金足農(秋田)

浦和学院(埼玉)

日大三(東京)

常葉大菊川(静岡)

高岡商(富山)

敦賀気比(福井)

近江(滋賀)

大阪桐蔭(大阪)

報徳学園(兵庫)

下関国際(山口)

済美(愛媛)

高知商(高知)

 

国体では、ベンチ入りメンバーが16人になる。

(甲子園は18人)

 

 

福井国体高校野球の組み合わせ

1日目1回戦(9月30日)

①  8:30 下関国際 - 大阪桐蔭

② 11:00 高岡商 - 済美

③ 13:30 敦賀気比 - 日大三

④ 16:00 近江 - 高知商

 

2日目2回戦(10月1日)

⑤  8:30 浦和学院 - 報徳学園

⑥ 11:00 金足農 - 常葉大菊川

⑦ 13:30 ①の勝者 - ②の勝者

⑧ 16:00 ③の勝者 - ④の勝者

 

3日目準決勝(10月2日)

⑨ 10:00 ⑤の勝者 - ⑦の勝者

⑩ 13:00 ⑥の勝者 - ⑧の勝者

 

4日目決勝(10月3日)

⑪ 10:00 ⑨の勝者 - ⑩の勝者

 

 

最後に

アジア選手権終了後に、金足農・吉田は国体について、

「大阪桐蔭のメンバーも自分と『やりたい』と言ってくれているんですけど、自分は個人的にこの大会を通して成長した能力とかを使って次は抑えられると思っているんで。しっかり決勝で当たりたいなと思います。『決勝こいよ』と言われたので『絶対に行くから待っとけ』という感じでした」

と、かなり強気だ(笑)

 

大阪桐蔭・藤原は、

「優勝しかないと思っています。(3冠を)狙っています」

と優勝宣言。

根尾も、

「大阪桐蔭の野球部として出させていただく最後の大会になるので、最後勝って高校野球の公式戦を終われるようにしたいと思います」

と丁寧な言葉で優勝宣言。

 

この3選手以外にもアジア選手権を共に戦ったメンバーが、自分のチームに戻り他のメンバーと対戦する。

 

最後に笑うチームはどこになるのか?

非常に楽しみな大会だ。

 

 

 

目指せランキング1位!!

皆さんクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村