野球の攻撃時サインの仕組みを公開!プロは誰がサインを出すの?

 

今回は、野球の難しいところについて考えてみたいと思います。

それはズバリ、サイン

 

サインと言っても、選手に書いてもらうサインじゃなく、プレーを指示するサインのことです。

 

野球はこのサインに従って、プレーを行います。

極端に言えば、サイン通りにプレーできれば野球は勝てます!

(言い過ぎかな)

ここが他のスポーツと大きく違うところ。

選手の主体性に任せるよりも、サイン通りのプレーができるかが重要だったりします。

 

野球未経験者にとっては、

サインって難しそうだし意味が分からん

と思う人も多いはず。

 

たしかにちょっと複雑ですね。

 

高校野球などでは、監督が体のいろいろな場所を触ってサインを出しています。

客観的に見ると、カッコイイような怪しいような(笑)

 

ということで、野球のサインについてまとめてみました。

サインの中でも、今回は攻撃時のサインについて。

(守備時のサインについては別の回で)

 

サインの種類、仕組みは?

誰がサインを出しているのか?

え?そんなことまでしてるの?

といった内容です。

ではどうぞ。

 

 


攻撃時のサインは大きく分けて2パターン

 

複雑そうな野球のサイン。

例えば高校野球で、攻撃時に監督がバッターにサインを送る。

それを確認した選手が、指示通りのプレーをする。

皆さんも、そんな場面を見たことがあるのではないでしょうか。

 

その攻撃時のサインには、大きく分けて2つのパターンがあります。

 

フラッシュサイン

体の各部分や行動に意味を持たせ、そこを触ったりその動きをしたら決まったプレーを行うサイン。

例えば、

ベルトを触る → 盗塁

帽子を取る → ヒットエンドラン

拍手 → 待て

など。

このサインは単純なため、味方に伝わりやすくサイン間違いも少ない。

しかし、相手にも分かりやすくなってしまい、見破られる可能性が高くなる。

そのため、少年野球で使われることはあるが、中学生以上ではほとんど使うことはない。

 

ブロックサイン

簡単に言えば、フラッシュサインを複雑にしたイメージ。

頭や体、腕などを次々と触り、選手に指示を出す。

一般的なブロックサインでは、キーとなる部分を決めてそのキーの次に触った場所のプレーを行う。

このサインは一般的で、多くのチームで使われている。

例えば、

キー:帽子のツバ

左肩 → バント

左肘 → 盗塁

左手の指 → ヒットエンドラン

右肩 → スクイズ

右肘 → セーフティーバント

右手の甲 → 待て

と決められている場合、

左肘 → 左手の指 → 帽子のツバ → 右肩 → ベルト → 拍手

と送れば、

キーとなる「帽子のツバ」の次が「右肩」なのでスクイズ!

という指示になる。

 

このブロックサインは少し複雑なので、相手に見破られにくい。

さらに試合中にキーを変えれば、サインを盗まれる可能性は低くなる。

プロ野球でもブロックサインを使うが、もっと複雑でイニングごとにキーを変更したりする。

そして、キーの後の2番目の場所といった感じにすることもあるらしい。

 

 



サインは誰が出す

 

このように結構複雑なサイン。

では、このサインを誰が出すのか?

 

アマチュア野球では、基本的には監督がサインを出します。

でもプロ野球では、チームや監督の方針によって様々。

監督が選手に直接サインを出す場合もあれば、監督から三塁コーチにサインを送り、三塁コーチが選手にサインを出すことも。

監督ではなくヘッドコーチからのサインを受けて、三塁コーチが選手にサインを出す。

その場合、監督は基本的にはヘッドコーチに采配を任せ、大事な場面のみ指示する。

あとは、監督が前に座っている選手の背中を触り、その場所にあったプレーのサインを選手が三塁コーチに送り、三塁コーチがが選手にサインを出すという複雑な方法もある。

 

野村克也氏が監督をしていた時は、ヘッドコーチが三塁コーチにサインを送っていたらしいが、

野村氏の話が、

指示なのかボヤキなのか分からない

ために、苦労したという話を聞いたことがあります。

(指示だと思って盗塁のサインを出したら、ただのボヤキだったとか…)

 

このように三塁コーチが選手にサインを出す事が多いが、それは

どの選手からも見やすい

ためです。

 

監督がサインを出すため、その監督によってチームのスタイルが変わる。

とにかく打たせたり、バントが多かったりするのは監督の考え。

そのため、特にアマチュア野球では、監督の力量がチームの強さに直結することが多い。

 

 


サインは難しくないの?

 

サインについて説明してきましたが、

複雑でやっぱり難しそう…

と思う人が多いかもしれません。

 

さらにプロ野球のサインは、20種類以上のプレーを指示するらしい。

こうなったら覚えるだけでも大変…。

 

しかし、実際の選手からすると、そこまで難しくありません。

選手は体の上から順番で覚えたり、語呂合わせで覚えたりするそうです。

 

新入団選手にとっては最初は大変かもしれないけど、どの選手もしっかり覚えます。

というか、サインを覚えられなければ試合にも出れないし…(笑)

 

話によると、選手より三塁コーチのほうが大変だそうです。

監督のサインをミスの内容に選手に伝える。

それも分かりやすい動きで伝えられるか?

新任コーチは、キャンプ中に鏡の前でサインの練習をするらしいです。

慣れるまで大変そう…。

 

 


サインへの返事もある?

 

監督やコーチから送られるサイン。

そのサインを選手が受け取った場合、OKのサインを返すのが一般的。

 

多いのは、帽子のツバを触ること。

サインを受け取ったら帽子のツバを触り、バッターボックスに入る。

OKサインは他の場所でもどこでもいい。

このOKサインがないと、サインがちゃんと伝わったかどうか確認できない。

その結果、選手とランナーが合わないプレーをすることになるかも。

 

それと、サインが分からなかった場合、選手が

もう1回サイン出して!

とお願いすることもある。

でもそれをすると、あとで監督に怒られるかも(笑)

 

ま、サイン違いで変なプレーをするよりはいいけどね。

 

 


まとめ

野球の攻撃時のサインについて
・サインは大きく分けて2パターン

①フラッシュサイン
→体の各部分に意味を持たせて、触った部分に合ったプレーをする。

②ブロックサイン
→キーの場所を決めて、その次に触った部分に合ったプレーをする。

・アマチュア野球では基本的には監督がサインを出す。

・プロ野球でサインを出すのは監督や三塁コーチなどチームによって違う。

・出されたサインを選手が受け取った場合、サインを返すのが一般的。

 

このように、野球では基本的には1球ごとにサインを出しています。

他には、選手がバッターボックスに入る前に口頭で指示を伝えることも。

あとは強打者や上手い選手の場合は、その選手に任せたりすることもあります。

 

他のスポーツをしていた人からすると、

毎回サイン出すなんて面倒だな~

と思うかもしれません。

 

でも、この

1球ごとの勝負

が野球の醍醐味なんです。

 

次はどう仕掛けてくる?

バントか?強硬策か?ランナーを走らせるか?

状況によっていろいろなプレーが考えられるので、それを予想しながら試合観戦するのも楽しいです。

 


管理人イチオシの
スポーツ動画配信サービスは

DAZN(ダゾーン)






おすすめする5つの理由

130以上のスポーツが見放題

年間10,000試合以上を放映

・嬉しい見逃し配信ハイライト再生

・PCやスマホで複数同時視聴可能

・他のスポーツ動画サービスより安い

 

DAZNがあれば、好きなスポーツを自宅でゆっくり観戦できます。

しかも自分の好きな時間に。