日本ハムルーキー・河野竜生投手とは?球速&球種、家族、彼女は?

スポンサーリンク

 

こんにちは。

 

プロ野球が6月19日に開幕し、ファンにとっては楽しみな日々が戻ってきました。

自分が応援しているチームの成績が気になりますが、個人的には各チームのルーキーが気になります!

そこで今回は、プロ初先発した日本ハム・河野竜生投手の情報をご紹介します。

 

この記事を読めば、

河野投手の経歴や特徴、初登板の結果

が分かります!

 

ではどうぞ。

 

 

スポンサーリンク

#28 河野竜生投手

 

名前

河野 竜生(かわの りゅうせい)

 

出身地

徳島県鳴門市

 

生年月日

1998年5月30日

 

ポジション

投手

 

身長

174cm

 

体重

82kg

 

投打

左投左打

 

経歴

小学校:林崎スポーツ少年団
中学校:鳴門第二中(軟式野球部)
高校:鳴門高
社会人:JFE西日本

2020年ドラフト1位入団
契約金1億円プラス出来高5000万円 年俸1500万円

 

コメント

河野は小学1年生から野球を始め、投手兼一塁手として活躍。

中学校時代は軟式野球部に所属。

 

鳴門高では1年の夏からベンチ入りし、3年連続で夏の甲子園に出場した。

3年夏には最速145キロのストレートとツーシームに加え、制球力の良さで甲子園ベスト8になった。

 

高校卒業後はJFE西日本に入社し、1年目から都市対抗野球に補強選手として出場。

2年目にはJR西日本の補強選手として都市対抗野球でベスト8進出に貢献した。

昨年の日本選手権では、2試合連続の完封勝利

決勝では延長サヨナラ負けしたが、先発で9回1失点と好投。

プロでも通用する技術と心の強さを持った投手。

 

 

スポンサーリンク

オープン戦&練習試合成績





















2/22 オープン戦 巨人 2 9 3 1 0 2 2 37 0
3/3 オープン戦 巨人 4 15 1 4 2 0 0 56 0
3/11 オープン戦 ロッテ 3 16 4 2 3 2 2 70 1
6/3 練習試合 ロッテ 3 13 3 3 1 2 2 50 1
6/10 練習試合 ヤクルト 4 17 3 5 3 1 1 76 1

 

オープン戦&練習試合結果

投球回数:16回

失点:7

防御率:3.94

 

 

スポンサーリンク

特徴

 

ストレートの球速は、最速151キロ。

変化球の球種は、ストレート、スライダー、スローカーブ、ツーシーム、チェンジアップを投げる。

小さなテークバックで腕の振りが早いため、打者はタイミングが取りにくい。

そして強気のピッチングも持ち味。

 

河野は昨年度の社会人No1左腕

そして日本ハムが社会人を1位指名するのは19年ぶり。

佐々木朗希のハズレ1位とはいえ、期待度の高さを感じる。

 

また、河野は社会人出身といっても高卒社会人選手。

そのため今年22歳になり、大卒入団選手より1歳若い。

社会人野球でかなり成長したが、プロ入り後もまだまだ成長が期待できる選手。

 

今後の日本ハムを背負う左腕となってくれるだろう。

 

 

スポンサーリンク

家族構成は?彼女はいるの?

 

河野投手は、両親の4人家族です。

河野家は野球一家で、父・幸政さんも元高校球児。

そして先述の通り、現在は少年野球のコーチをしている。

3歳上の兄・祐斗さんは、鳴門高校が2013年夏に63年ぶりのベスト8進出を果たした時の主将。
(その時のエースは、現ソフトバンクの板東湧梧投手)

3拍子そろった内野手で、明治大学を卒業後、日立製作所で野球をしています。

 

気になる結婚についてですが、河野投手は独身です。

彼女についてですが、特に情報はありませんでした。

もしかしたら彼女がいるかもしれませんが、確認できていません。

 

スポンサーリンク

シーズン初登板の結果




















6/24 楽天 5 23 4 1 5 4 4 86 1

 

6月24日の楽天戦でプロ初登板を果たした。

結果は、被安打4、4失点、1奪三振という内容。

四球も5つ与えた。

コントロールが不安定なところがあり、特に初回は2アウト1、3塁のピンチを招くが、何とかここを無失点に抑えた。

2回から4回は打たせて取るピッチングで、強力な楽天打線を無失点に抑える。

しかし日本ハムの2点リード迎えた5回、河野に試練が訪れる。

四球と申告敬遠で2アウト1、3塁の場面で、楽天・鈴木にタイムリーヒットを打たれてしまう。

さらにランナー2人を置いた状態で、浅村が逆転の3ラン

勝ち投手の権利を得るまであと1アウトだったが、そこから4失点で逆転されてしまい悔しいイニングとなった。

 

 

スポンサーリンク

最後に

 

初登板で好投するイニングもあったが、河野にとっては悔しさの方が大きいはず。

プロの洗礼を浴び、いい勉強になっただろう。

 

気になったのは、コントロールの悪さ

キャッチャーの構えと逆に行ってしまうことも何度かあった。

そのあたりの細かいコントロールを磨かなければ、プロで勝つことは難しいだろう。

逆に考えると、制球力を付けることでかなり良い投手に成長してくれそう。

 

河野の今後に期待!

 


管理人イチオシの
スポーツ動画配信サービスは

DAZN(ダゾーン)






おすすめする5つの理由

130以上のスポーツが見放題

年間10,000試合以上を放映

・嬉しい見逃し配信ハイライト再生

・PCやスマホで複数同時視聴可能

・他のスポーツ動画サービスより安い

 

DAZNがあれば、好きなスポーツを自宅でゆっくり観戦できます。

しかも自分の好きな時間に。